2016年03月24日13時00分

オンキヨーブランドのハイグレードAVアンプが4月に発売!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
オンキヨー
「TX-RZ810」

 オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは24日、オンキヨーブランドのAVアンプ「TX-RZ810」を発表した。4月下旬発売予定で税別希望小売価格は12万8000円。

オンキヨー
前面のフタを開けたところ。ボタン類と十字キーが並ぶ

 7.2chのAVアンプで、オンキヨーブランドのハイグレードモデルになる。オンキヨー独自のハイカレントアンプ設計により、大電流の出力が可能で、30cmクラスの大口径スピーカーユニットも駆動できる。

 また、音が減衰しはじめるポイントをリスニング周波数より高い位置に持ちあげる「ノンフェーズシフト」により、位相のズレを防いで歪みのない音を実現する。

 さらに、D/A変換におけるパルスノイズを低減するフィルター回路「VLSC」を7chで利用可能になった。

オンキヨー
上方向に音を発して天井に反射させる「イネーブルドスピーカー」

 天井にスピーカーを配置することでより臨場感のあるサラウンドを実現するオブジェクトサラウンド技術は、ドルビーの「Dolby Atmos」に対応するほか、DTSの「DTS:X」にも8月下旬ごろにアップデートで対応する予定。

 この際、天井にスピーカーを設置せず、音の反射を利用してオブジェクトサラウンドを実現する「イネーブルドスピーカー」も利用可能だが、このイネーブルドスピーカーを最適に駆動する「AccuReflex」という技術も新たに搭載された。設置される環境に応じて、天井に反射する高域の音と、スピーカーから直接耳に届く低域の音の位相ズレを補正する。

 DACにはAKM(旭化成エレクトロニクス)の384kHz/32bit対応デバイスを採用。ハイレゾ音源の再生にも対応しており、FLACなどの192kHz/24bit再生が可能なほか、DSDは11.2MHzのネイティブ再生が可能だ。

 Bluetoothや無線LANの接続にも対応しており、後日アップデートで「Google Cast」の利用も可能となる。

 HDMIは 4K、HDCP 2.2、HDRのパススルーに対応するほか、フルHD映像の4Kアップコンバート機能も搭載する。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!