2016年03月08日19時00分

グラドル、モデル、Jカップ声優も!「龍が如く6」キャバ嬢オーディションレポ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

キケンなトークが連発した二組目のオーディション

segaryu

 1組目のオーディションが終わってしばらくすると、次のグループの5人が入室。基本的な流れは前グループと同じなので、こちらも参加者とアピールポイントを箇条書きでご紹介。

【2組目の出演者】

segaryu

伊藤ゆいかさん

(モデル/ライブアクスル所属)

・お酒が好き(だけど飲み過ぎると記憶をなくす)
・バイク(ハーレー)の雑誌「VIBES」でイメージガールをしている(4年目)
・美しく見られるポーズを研究している
・二重アゴを作り、そこにペンを挟むことができる(会場で実演)

segaryu

浅野仙姫さん

(一般)

・ふだんはOL、中身はオタク女子
・かわいい女子が好きで、最近はアキバのメイド喫茶に通っている
・「龍が如く」が大好きで全作プレイ済み
・「龍が如く」の舞台も観に行った
・タイプは桐生さん
・「龍が如く 極」のキャバ嬢「リナ」とキャラがかぶっていると思っている
・キャバ嬢じゃなくてもいいから、とにかく「龍が如く」に出演したい

segaryu

桜井奈津さん

(グラビアアイドル/エンタープロモーション所属)

・人生の目標は「21世紀のセックスシンボル」
・イメージDVDを4枚発売している
・大学で上京したとき、本物の歌舞伎町を見て興奮した

segaryu

JULIAさん

(モデル・コンパニオン/アルテミス所属)

・メタルバンドのボーカルとしても活動している
・歌唱力に自身アリ
・「ゲームとメタル音楽は親和性が高い」と思っている

segaryu

染谷有香さん

(女優・グラビアアイドル/コペル所属)

・キャバクラで働いた経験はないが、グラドルは「男性を癒やす」という共通点がある
・好きなタイプは「義理人情と男気がある人」(ゲームのなかで出会いたい)

 以上が二組目のアピールタイムだ。オーディションの尺は同じだったのだが、一組目に比べて明らかにプロフィールが薄いと感じている読者のみなさん、申し訳ない。これには理由があるのだ。

 この組の参加者はいきなり衣装を脱いで水着姿になったり、公表していないという「酒好き」や「キャバ嬢経験アリ」などをカミングアウトしたり、自由奔放すぎる内容だったからだ。さすがに所属事務所のプロフィールに載っていないコトはレポートできないので割愛せざるを得ない。なかでもある参加者は「お酒の失敗談」として、「朝起きると隣に知らない男性が寝ていた」というキケンなエピソードを披露し、審査員一同を困らせる場面も。

segaryu

 通常のオーディションでは「いかに自分が清楚であるか」を売りださなければならないはずだが、今回は「龍が如く6(仮)」のキャバ嬢オーディション。取材時に参加した10名は、誰が受かっても存在感たっぷりのキャラクターになりそうなオーディションだった。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking