2016年03月07日13時00分

「キヤノン技術を結集」100m先の暗闇もカラーで撮るカメラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
0303

 キヤノンは3月7日、大口径ズームレンズ搭載の「VB-M50B」や、20m先の暗闇まで撮影可能な「VB-H652LVE」など、ネットワークカメラの新機種6モデルを発表した。

0303
「VB-M50B」

 VB-M50Bは、集光効率の高い17.7~88.5mm(35mmフィルム換算で126~630mm)、F1.8-2.4の大口径5倍ズームレンズを搭載するネットワークカメラ。夜間でも100m先の被写体をカラーで鮮明にとらえられるため、大規模店舗の駐車場や自然災害の監視といった用途に適しているという。

 レンズに加えて、キヤノンの高感度CMOSセンサーおよび映像処理エンジンを組み合わせることで、望遠端630mmにおける最低被写体照度を0.07ルクスとした(値が低いほど高感度となる)。「キヤノンが長年培ってきた光学技術を結集した」という。有効画素数はおよそ130万画素。

0303
105度のチルトが可能。直径はおよそ129mm

 新機能の「鮮明IRモード」を搭載。赤外光の特定波長域のみで撮影するモードで、赤外照明と併用するとハレーションを軽減できる。夜間の駐車場でヘッドライトを点灯した車およびそのナンバープレートを撮影する場合などに有効だという。

 PC/スマートフォン/タブレットから、モニタリングしながらパン(348度)、チルト(105度)、ズーム操作できる。およそ1260mm相当の拡張デジタルズームも可能だ。価格はオープンプライスで、想定実売価格は32万4000円前後。発売は4月上旬となる。

0303
「VB-H652LVE」

 VB-H652LVEは、F1.2-1.8の光学2.4倍ズームレンズを搭載する固定ドーム型ネットワークカメラだ。照射距離と光量を自動制御する赤外照明により、光源がない0ルクスの暗闇でも最長20mまで対象物をフルHDで撮影できるのが特徴。

 高さ40cmから5kgの物体が落下しても耐えるIK10相当の耐衝撃性能と、粉塵や水流に耐えるIP66相当の防塵・防水性能を搭載。55度からマイナス40度の環境下でも撮影可能としている。

 価格は31万1040円。7月下旬に発売する。

0303
0303
重量およそ1850g。衝撃や粉塵・水流に耐える重厚なつくりとなっている

 このほか、光学30倍ズームレンズと高速旋回機能を備えた屋外対応ネットワークカメラ「VB-R13VE」(71万2800円、6月下旬発売)、VB-R13VEから音声入出力端子と外部デバイス入出力端子を省いた「VB-R12VE」(68万400円、6月下旬発売)、VB-R13VEの屋内対応モデル「VB-R13」(60万4800円、6月下旬発売)、VB-H652LVEの屋内対応モデル「VB-H651V」(21万3840円、3月下旬発売)も発表した。

0304
「VB-R13VE」
0304
「VB-R12VE」
0304
「VB-R13」
0304
「VB-H651V」

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp