2016年03月05日09時00分

4K動画撮影の新時代に突入「Xperia Z2」:Xperiaヒストリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
20160305xperiakunkoku

 今回は、正統進化した新定番モデル「Xperia Z2」の進化した中身について見ていきます。

 まず、ディスプレーは「Xperia Z」や「Xperia Z1」と較べて、サイズが5.2型と少し大型化しただけではなく、IPS方式の液晶パネルを採用したり、“Live Color LED”バックライトを採用したりと、クオリティー的なテコ入れもされています。ディスプレーの明るさも室内では差がわかりませんが、屋外で使う際には「Xperia Z2」は一段明るかったり、色合いもより濃くしっかりしており鮮やかです。

20160305xperiakunkoku

 そして斜めの角度からディスプレーを見た場合、「Xperia Z」や「Xperia Z1」では傾けるごとにだんだんと画面が白飛びしていくのに対して、「Xperia Z2」はかなり角度を変えて見ても色の変化が少ない、というのもIPSパネルのおかげです。

20160305xperiakunkoku

 機能面も進化しており、「Xperia Z2」と「Xperia Z2 Tablet」の2台(Android 4.4以降)をそろえてワンタッチするだけで、スマホからタブレットへの「スクリーンミラーリング」ができたりします。……こんな少しの画面サイズの差でミラーリングする意味は? などの疑問をもつと、せっかくミラーリングした意味がなくなるのであえて突っ込まない方向で。

20160305xperiakunkoku

そして、なんと言っても「Xperia Z2」の大きい進化ポイントのひとつと言えるのが、4K(3840×2160ドット)動画撮影機能です。4K動画を撮れる機器はまだまだ限られているというのに、スマートフォンでそれができてしまう「Xperia Z2」ってスゴい!

20160305xperiakunkoku

 カメラ自体は「Xperia Z1」と同じ、約2070万画素の積層型裏面照射型CMOSセンサーです。「Xperia Z2」のCPUがSnapdragon 801(2.3GHz、クアッドコア)、メモリーが3GBとスペックが上がったからこそ4K動画撮影が可能になったのだと思いますが、 フルHD(1920×1080ドット)の動画を処理するのとではエライ違いなので、当然ですが相当負荷がかかります。実際に4K動画を撮影したり再生したりすると本体がかなり発熱するので、無理は禁物です。

 実際に屋外に駐車してある軽自動車(Rapin)を「Xperia Z2」で撮影した4K動画をYoutubeにアップしてみました(カンタンにカット編集だけしています)。音声に関してはそこそこ拾ってくれますが、ある一定より小さいとまるで聞こえなくなるので、きちんと音声を収録しようとすると、別途マイクを装着したほうが良さそうな感じです。

 今度は、屋外で手持ちスナップ状態で街歩きしながら「Xperia Z2」で撮影しました。少し色が薄いというかのっぺりとした印象もありますが、さすが4K、解像感はしっかりとあります。

20160305xperiakunkoku
20160305xperiakunkoku

 4K動画撮影時に設定でいじれるのは、明るさとホワイトバランスくらいです。

 ズーム機能に関しては「一応はズームは使えますよ」というだけで、さすがにデジタルズームになるので画質は落ちてしまいます。しかも、ズーム速度が一定のスピードのみで、しかもかなり早いので実用には向いてないかもしれません。

20160305xperiakunkoku
20160305xperiakunkoku

 音量ボタンはズーム以外にも音量、シャッターに割り振ることもできたり、シャッターボタンで録画の開始・停止が使えるというのは使い勝手の良いところですね。

20160305xperiakunkoku

 「Xperia Z2」はMHL3.0出力に対応しており、MHL3.0対応の4Kテレビに接続して、そのまま撮った4K動画を再生できます。現実問題として自宅のテレビが4Kじゃない、ということもあったりしますが、「Xperia Z2」では4K動画を再生中に画面をピンチアウトすると、ハイビジョンのクオリティーを保ったまま動画を拡大することができます。

 実際にフルHD解像度のテレビにMHLケーブルで接続して「Xperia Z2」で撮影した4K動画を再生、さらにズームしてみると動画のようなことができます。フルHD解像度で動画撮影した場合、そこから拡大すると画像が荒くなってしまいますが、4K動画であれば、そこから4倍拡大しても、まだフルHDの解像度を保っているということになります。

 しかも、拡大した部分は指で上下左右に動かして、好きなところをピックアップして視聴できるので、動画を見ながらいつでもズームして自在に操れるのが相当なおもしろ要素です。

20160305xperiakunkoku

 発熱するだけでなく、そもそもストレージをどんどん消費してしまうため長時間撮影はできないのですが、2014年に登場したスマホで4K動画撮影が可能というのは正直スゴいことだぞ! と当時は感動したものです。しかも、「Xperia Z2」はオーディオ機能の充実ぶりもすさまじかったのです。これは次回に触れたいと思います。


■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

12,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp