2016年03月02日10時30分

ドコモ、スマホゲーム事業に参入 グラフィックめっちゃ綺麗!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Heaven×Inferno

 ドコモは3月1日、トライエースとの共同制作のiOS/Android向けアプリ「Heaven×Inferno(ヘブン インフェルノ)」の説明会を開催した。ドコモが携わっているが、他キャリアでももちろんプレイ可能。
 本アプリは最高峰の3Dグラフィックと戦略性が融合したアクションRPGである。

iPad Proでプレイしたくなるグラフィック

 ドコモのゲームビジネスは、自社のソーシャルゲームサービス「dゲーム」で精力的にゲーム事業での展開を行なっており、クラウドゲーム上としては「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン(ドラクエ10)」といったビッグタイトルもサービスしている。

Heaven×Inferno
徐々に規模が拡大しているようだ。

 しかし、本作「Heaven×Inferno」は他のアプリ同様にApp Store/Google Play上でのサービスとなる。料金形態は基本無料/ゲーム内課金ありというスマホゲームではオーソドックスなスタイルだ。

 Heaven×Infernoは、ドコモと「スターオーシャン」などのトライエースによる共同制作であり、サウンドやストーリーなどにも相当な力を入れ込んだタイトルである。
 中でも注目すべきはグラフィック。“トライエースの技術力で描画される最高峰の3Dグラフィック”と説明されたが、本当にすごい。会場ではiPad ProとGalaxy S5 ACTIVEで試遊できたが、とくにiPad Proでプレイするとグラフィックの綺麗さに驚く。説明をする前にまずは確認いただきたい。

Heaven×Inferno
iPad Proでのプレイ画面。背景までしっかりと綺麗に描かれている。

 コンシューマーゲーム機と思うほどのグラフィック。ピンチインで戦闘中に画面を拡大できるのだが、背景までくっきり確認できる。スマートフォンでももちろん綺麗さは変わらず。さすがにiPad Proには劣るものの、スマホゲームでも屈指の美しさが押し出されている。
 ただ、一度iPad Proでプレイしてしまうと、あまりの綺麗さにスマートフォン端末とくらべてしまうのがネック。それだけ美しい。タブレット端末をお持ちなら、配信後はぜひともタブレットで遊ぶのをオススメする。

Heaven×Inferno
Galaxy S5 ACTIVEでのプレイ画面。iPad Proほどではないが十二分に綺麗だ。

 個人的にゲームでもっとも気になるのはサウンド。もちろんHeaven×Infernoはサウンドにも徹底して力を注いでいる。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

11,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp