2016年03月02日08時30分

飲食店のクラウド予約台帳トレタが、NECなどPOSシステム5社とデータ連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 飲食店向け予約、顧客管理台帳サービス『TORETA(トレタ)』を提供するトレタは、POSシステムとデータ連携が可能になる新サービス“トレタPOSコネクト”を2016年3月1日にリリースした。

 POSシステムを開発、販売する事業者向けにAPIを提供。POSシステム側がAPIを導入すると、トレタを利用する店舗で予約情報や顧客情報、座席情報などを相互にデータ連携できるようになる。予約時に以前の注文内容を確認して、新メニューを提案するなどの接客が可能になる。

トレタPOSコネクト

 3月1日に行なわれた発表会では、データ連携を実施するPOSシステムを提供企業、インテリジェンス ビジネスソリューションズの『POS+(ポスタス)』、セカンドファクトリーの『QOOpa』、NECの『モバイルPOS』、プラグラムの『スマレジ』、ユビレジの『ユビレジ』の5社が登壇。POSレジシステムを提供する、ライバル5社がそろうというめずらしいカタチとなった。そのほかセイコーソリューションズの『oishino』が提供を検討している。

トレタPOSコネクト

 発表会でトレタの中村仁代表取締役は、「POSレジと予約台帳トレタの連携で、集客、予約、POSレジ、決済と4つすべてのレイヤーをつなげることになる。お客様の情報とレジのデータが自動的に紐づけられて、飲食店ができなかったサービスを、オペレーションを変えることなく、現場の作業を増やさずに実現できる」と語った。

 今後は各社が、トレタとPOSシステムとのAPI連携の仕様を調整していき、早いところでは5月のGW過ぎからの実装になっていくとしている。

■関連サイト
トレタ

お詫びと訂正:掲載当初、プラグラム社のサービス名に誤りがありました。該当部分を訂正すると共にお詫び申し上げます。(2016年3月2日)

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly
スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!