2016年02月25日17時30分

座りっぱなし防止!HealthKit対応の異色アプリ「StandLand」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
StandLand
HealthKit対応の健康管理アプリ「StandLand」。ナゾの3D小動物が、ユーザーの健康管理をサポートしてくれる

 Flask LLPは2月24日、HealthKit対応の健康管理アプリ「StandLand」をリリースした。スタンド回数(立った回数)をカウントすることで、座りっぱなしを防止して健康管理に役立てるアプリだ。

StandLand
StandLand
「ヘルスケア」アプリが管理している情報を引き出してスタンド回数を算出する。参照する数値は、Apple Watchが記録する「スタンド時間」、もしくはiPhoneが記録する「歩数」
StandLand
「歩数」の場合は、1時間以内に80歩以上歩くと1スタンドと見なされる

 「StandLand」では、iPhoneに付属する「ヘルスケア」アプリが管理しているデータを読み取ってスタンド回数を算出し、長時間着席している場合などに、画面内のキャラクターがアドバイスしてくれるという仕組み。Apple Watchを使っている場合は、算出には、Apple Watchが記録したスタンド時間、持っていない場合はiPhoneが内蔵する加速度センサーが自動記録する「歩数」のデータが使われる。

StandLand
StandLand
1時間に1スタンドが目標。次のスタンド時間までのアドバイスも受けられる
StandLand
StandLand
スタンドをさぼるとナゾの小動物が寝てしまう。逆に頑張ると仲間が増える
StandLand
StandLand
5連続スタンドなど、目標を達成するとポイントがもらえる。ポイントを貯めると、新しい小動物(モンスター)を追加することが可能

 画面中のキャラクターは、スタンド回数が少ないと眠ったり、回数が増えると仲間が増えたりという、育成系要素が加味されているなど、飽きずに続けられる工夫が凝らされている。

StandLand
StandLand
スタンド回数は、10日、1週間、1カ月ごとにリポートとして、寸評を含めてデータをまとめてくれる。週間、月間のレポートについてはアプリ内課金による有料プランとなる(240円)
StandLand
アプリ内課金では、小動物が住むフィールドを追加購入することも可能(240円)

 Apple Watchの利用者は、1時間程度座ったままだとApple Watchがスタンドの時間を促してくれるので、ひと息入れにコーヒーを飲んだり、散歩したりという転機を作れるが、持っていないユーザーは「StandLand」が座りっぱなし防止を動機づけしてくれるので、重宝するだろう。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!