2016年02月25日17時00分

オープンAPI加速!MoneytreeがFinTechスタートアップ2社と協業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
MT LINK
マネーツリーのオープンAPI「MT LINK」が、経費精算や請求管理の他社システムと連携

 マネーツリーは2月25日、FinTech系スタートアップである、クラウドキャスト社とメイクリープス社との協業を発表した。クラウドキャストは「Staple」(ステイプル)と呼ばれるクラウド型経費精算サービス、メイクリープスは社名と同じ「Make Leaps」と呼ばれる請求書の発行や郵送などをクラウドで管理できるサービスを提供している。マネーツリーが開発したオープンAPI「MT LINK」を両社が利用することで、経費精算や請求書管理などがよりスムーズに処理できるようになる。

MT LINK
クラウド型経費精算サービスの「Staple」

 具体的には、MT LINKの導入によって、両社のサービスで個人もしくは法人の複数の銀行口座やクレジットカードなどをひとまとめに管理でき、資産や負債を串刺しで一覧可能になる。これまでは手入力、もしくは別データを参照しながらだった作業を、自社サービス内で完結できるようになるわけだ。

MT LINK
クラウド型請求管理サービスの「Make Leaps」

 MT LINKなどのオープンAPIは、他社のウェブサービスやアプリに当該APIを組み込むだけで、元のサービスやアプリのプログラムを大幅改変することなく、別の機能を組み込める技術。特にFinTech系のオープンAPIは、IBMが自社で持つセキュアなPaaSである「Bluemix」と組み合わせて提供しており、低コストでセキュアな環境を構築できることから、スタートアップ企業から特に注目を集めている。

MT LINK
MT LINKをアプリやサービスに導入すれば、銀行口座やクレジットカード、ポイントカードなどの残高や取引記録をまとめて管理できる

 マネーツリーは先日、みずほ銀行のオンラインバンク「みずほダイレクト」に「一生通帳」と呼ばれる機能として、MT LINK(Moneytree)が組み込まれることを発表したほか、会計ソフト大手の弥生会計、会計業界大手のTKC、印刷会社大手の大日本印刷などともMT LINKの利用について提供しており、今回の2社を加えて提携企業は計9社となった。MT LINKだけでなく、FinTech系のオープンAPIの活用は今年さらに増えていく勢いだ。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

55人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

41人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

12,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp