2016年02月25日15時40分

Xperiaは新章突入でZ6は出ない 企画担当者にXperiaの未来を聞いた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Zの新製品は無しで、これからはX!
ソニーモバイルの伊藤氏が語る新章

 「MWC 2016」で発表されたソニーモバイルの「Xperia X」シリーズ。例年どおりならばXperia Z6になるところが、新シリーズの登場で話題になった。

 現地でソニーモバイルのスマートフォンとスマートプロダクトを担当する伊藤博史氏にXperia X、そしてXperiaシリーズ全体のお話を聞いた。

Xperia
ソニーモバイル 伊藤博史氏

伊藤博史氏(以下敬称略):このXperia Xシリーズで、Xperiaの歴史は第3章へと突入しました。第1章は初代XperiaからZまで、第2章はワンソニーのコンセプトを取り入れたXperia Z1からZ5まで。そして第3章のキーワードはインテリジェンスです。

 このようにZシリーズが終焉したことを明言したうえで、XperiaシリーズはZからXへと変わったことを説明した。第3章はスマホの本質(コミュニケーションとエンターテイメント)を見直し、そこにインテリジェンスを加えていくという。

伊藤:Xperiaはもうスマホだけのブランドではない。スマホを見ている時間から開放したいと思っています。スマホには新しい役割があると思うんです。

Xperia
「Xperia Projector」。文字どおりプロジェクターで、壁やテーブルの上などに照射して使う

 Xperia Xと同時に発表された「Xperia Ear」「Xperia Eye」「Xperia Projector」「Xperia Agent」を例に出し、これまでワンソニーで培った技術をもとに、スマホを中心としたXperiaシリーズの新しい世界観を構築していくとのこと。

 その第一歩を踏み出すのが、Xperia Xシリーズというわけだ。5型ディスプレーというサイズ感を優先したデザインはシリーズで初めてカーブドガラスを採用した。ソニーモバイルがスーパーミッドハイと位置付けるXperia XAは両サイドが狭額縁になっており、Xperia XとXperia X Performanceは背面パネルがヘアライン加工など、従来のZシリーズと明確に差別化を図ってる。

Xperia
Xperia
Xシリーズはカメラもバッテリーもインテリジェンスな性能

 Xperia X Performanceは日本投入が決定している。新たな歴史の始まりを見届けるためにも、ここは新Xperiaをゲットしたいところだ。

Xperia
新Xperiaの世界的評価はいかに? 発売は今夏を予定!

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

3,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

10,380円〜

11人が購入

Amazon.co.jp