2016年02月22日20時00分

「Galaxy S7 edge」詳細実機レビュー! SIMトレイの仕様やS6 edgeとの違いをチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Galaxy S7 edge
5.5型ディスプレー搭載の「Galaxy S7 edge」

 5.5型のエッジディスプレーを採用した「Galaxy S7 edge」。「Galaxy S6」や「Galaxy S6 edge」からどう進化しているのか? 実機をさっそくテストしてみました。

もちやすくなり、カメラのでっぱりも消えた
SIMトレイの仕様は販売国によって異なる

 Galaxy S7 edgeの本体サイズは72.6(W)×7.7(D)×150.9(H)mm。同じ5.5型ディスプレーを搭載する「iPhone 6s Plus」(77.9×7.3×158.2mm)よりもひと回り小さく感じます。厚みは0.4mm増しているものの、ディスプレーのサイド部分がカットされているため、実際に手に持ってみるとGalaxy S7 edgeのほうが薄いと感じられます。

Galaxy S7 edge
背面側もエッジ部分をカット

 背面を見ると、こちら側も左右の再度部分がカットされた形状になっています。これは「Galaxy Note 5」と同じスタイル。表裏どちらも側面が薄くなっているため、手にしっかりとホールドでき、しかもより薄さを感じられるわけです。なお、背面はガラス仕上げです。

Galaxy S7 edge
カメラ部分のでっぱりはほぼ無くなった

 カメラはF1.7と明るいレンズを搭載。暗いシーンでのピントの合いも早く、カメラの使い勝手も大きく高まっています。また、でっぱりが気になったS6/S6 edgeとは異なり、背面とほぼフラットな厚みまで薄くなりました。机の上などに置いてみても、このでっぱりが気になることは無さそうです。本体の左側面にはボリュームキーを備えます。

Galaxy S7 edge
側面の厚みはかなり薄い

 こちらは右側の側面、電源キーを備えます。表と裏、両側がカットされているので側面部分の厚みがかなり薄くなっていることがわかります。しかも、この薄いボディーに3600mAhのバッテリーを内蔵しています。

Galaxy S7 edge
Type-Cは採用せずmicroUSB端子を搭載

 本体底面にはmicroUSB端子、ヘッドフォン端子を搭載。Type-Cの採用は今回は見送られました。急速充電にはもちろん対応。なおQiとPMA方式のワイヤレス充電にも対応しています。

Galaxy S7 edge
IP68の防水防じんに対応

 Galaxy SシリーズではGalaxy S5がIP67の防水防塵対応でしたが、Galaxy S7 edgeはさらにキャップレス防水となり、microUSB端子のカバーを開け閉めする必要が無くなりました。背面カバーははずれず、SIMカードスロットを本体上部に備えますがこちらもカバー不要で防水に対応しています。

Galaxy S7 edge
SIMカードトレイは「ナノSIM+microSD」または「ナノSIM+ナノSIM」

 SIMカードはトレイに収納して装着。Galaxy S6シリーズで廃止されたmicroSDカードが復活し、SIMカードトレイと一体化したデュアルカードトレイとなりました。SIMカードサイズはナノSIMです。なお、販売国によっては、このトレイが「ナノSIM+ナノSIM」のデュアルSIM仕様となります。ただし、片側は常に2G回線(GSM方式)となるため、日本で発売される場合はデュアルSIMではなく「ナノSIM+microSDカード」になると予測できます。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!