2016年02月19日11時00分

超美麗映像で話題な『Rise of the Tomb Raider』もヌルヌル動作するゲーミングPCの実力とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
マウス転載

液晶からマウスまで一級品が揃った!

マウス転載
RADEON R9 390Xを搭載するハイパワーゲーミングPC『NEXTGEAR i650PA3-SP-24』。

 PCゲームを快適に楽しむには、PCだけでなく映像処理が高速な液晶やゲームに適した入力デバイスを揃えると、さらにプレーが楽しくなる。映像の美しさでも話題な『Rise of the Tomb Raider』のようにハードウェア負荷の高い最新人気作に挑むなら、これらのハードがワンセットになった『NEXTGEAR i650PA3-SP-24』をオススメだ。

マウス転載
マウス転載
↑付属のゲーミングレーザーマウス『G -Tune Laser Mouse』(8532円)は、ポーリングレート1000Hz対応で最短1ミリ秒で反応する。ダイレクトDPI切替ボタンや各ボタンのカスタマイズに対応しており、親指置き中央の”スナイパーボタン”を押すと繊細な操作も可能だ。

 PC本体はCPUにCore i7-6700K、グラボがRADEON R9 390Xというパワー重視の組み合わせ。特にグラボは重量級ゲームの超高画質設定時にVRAM不足に陥る心配のない8GB搭載モデルであることに注目したい。

マウス転載
↑マクロ記録用メモリーを内蔵した『G-Tune Mechanical Keyboard』(1万6092円)を同梱。最大1000Hzのポーリングレートに対応し、タイミングのシビアなキー入力も逃さない点が魅力的。
マウス転載
←手前が薄い設計のおかげで手首への負担が少なく、文章入力がラクに行なえるのも◎。
マウス転載
←押下荷重60グラムの”CHERRY MX黒軸スイッチ”を採用。LEDバックライトも備える。

 さらに今回のセットには本来別売の同社製ゲーミングキーボードとマウスも同梱される。どちらも内部の専用メモリーにマクロやボタン設定を記録でき、さらに反応時間を通常の8ミリ秒から最短1ミリ秒まで短縮できる高速処理が可能な本格的なもの。コマンド入力の正確さとスピードを極限まで高めたいゲーマーも満足でき、普段の作業用としても高い操作性を実現する。

マウス転載
↑セットとなる液晶『ProLite GB2488HSU-2』(4万1800円)は、ゲーム画面のティアリングやカクつきを解消する”FreeSync”に対応。FreeSync有効時はリフレッシュレート最大120Hz。USB3.0×2のハブ機能を内蔵。

 PC本体・液晶・入力デバイスがそれぞれ一級品なのにも関わらず、セットで税別21万円台は文句なくお買い得。ゲーミング環境を一新したい人なら絶対に買いだ。

マウス転載
↑『Rise of The Tomb Raider』のゲーム開始直後シーンのフレームレートを『Fraps』で計測。解像度1920×1080ドット、アンチエイリアス"SMAA"、画質はプリセット"高"および"最高"に設定。最高設定でやや平均フレームレートが落ちたが、50fpsキープは優秀だ。

スペック
CPU:Core i7-6700K(4コア/8スレッド、4~4.2GHz)
メモリー:16GB(PC17000 DDR4、8GB×2)
ストレージ:2TB HDD
光学ドライブ:DVDスーパーマルチ インターフェース:DisplayPort出力、DVI-D出力×2、USB3.0×6、USB2.0×4、 マルチカードリーダー、ギガビットLANほか サイズ/重量:190(W)×543(D)×450(H)mm/約11.3kg OS:Windows10 Home(64ビット) 価格:21万4800円

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!