2016年02月17日13時00分

手ブレ補正が3倍強力に! ソニー「アクションカム」新モデル登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ソニー
従来のホワイトカラーから一転、ブラックカラーとなった「HDR-AS50」

 ソニーは2月17日、同社アクションカムのエントリーモデルとなる「HDR-AS50」を発表した。3月4日発売予定で、予想実売価格は2万5000円前後となる。

ソニー
本体側面。ステータス確認用のモニターがあり、設定なども行なえる
ソニー
本体上部。電源ボタンと録画ボタンを装備する
ソニー
本体底面には三脚穴とmicroSDカードスロットを装備
ソニー
本体背面には充電用のマルチコネクターを搭載する

 小型・軽量のフルHD対応モデル「HDR-AZ1」の後継機で、従来比3倍というブレ補正機能を搭載。振動によるブレを補正しつつ、歪みも改善する。

 また、新たに8Mのインターバル静止画撮影機能を搭載しており、PCやスマートフォンの専用アプリで4Kのタイムラプス動画を作成できる。

 そのほか、3倍のデジタルズームが利用できる「ズームモード」や、「ワイド」と「ナロー」という2つの画角を選べる設定を新たに搭載する。

 従来通り無線LANに対応するのはもちろん、新機種はBluetoothにも対応。BLE(Bluetooth Low Energy)に対応したスマホなどからカメラの電源のオン/オフができる。

ソニー
ソニー
本体に同梱されるハウジング

 本体は防水仕様ではないが、付属のハウジングを装着することで水深60mでの撮影が可能。防塵や耐衝撃、耐低温にもなる。

ソニー
ソニー
リモコンモデルに付属するリモコン。腕に巻いたり、自転車のハンドルにつけたりできる

 なお、小型モニターとしても利用できるリモコンが付属するモデル「HDR-AS50R」も同時に発売される。リモコンも従来より約30%小型化されている。予想実売価格は4万円前後だ。

 撮像素子には1/2.3型の裏面照射型CMOSセンサー(1680万画素)を採用。レンズはF2.8 の「ZEISS テッサー」を搭載し、本体サイズは幅24.2×奥行き83×高さ47mm、重量は58g(本体のみ)となる。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly
スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!