2016年02月16日11時00分

「World of Warships」次期アップデートで待望のチーム戦実装

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
20160216wows

 ウォーゲーミングジャパンは2月16日、オンライン海戦ストラテジー「World of Warships」(WoWS)の次期アップデート「0.5.3」で最大7対7の“チームバトル”を実装すると発表した。発表に先駆けて開催された記者説明会にはWoWSプロデューサーの柳沼恒史氏とプロダクトスペシャリストの畑井翔氏が登壇、最新アップデート「0.5.3」は近日中に提供予定としてチームバトルの詳細を語った。

20160216wows
WoWSプロデューサーの柳沼恒史氏(右)とプロダクトスペシャリストの畑井翔氏(左)

 7対7でマッチングされる「チームバトル」はアカウントレベル12で参加可能。1チームは最大10名の参加となり、うち7名がバトルに参加する方式。参加艦艇には一定の制限があり、Tier(艦艇の等級)は6~7を予定。また、チーム内の空母数は1、戦艦は2までが上限、すべて駆逐艦といった組み合わせも可能。

20160216wows
20160216wows

 チーム人員が7名揃わない場合は、フリーで参加を希望する“傭兵”を迎えられるのも特徴。チームは最大3つまで作成でき、1チーム目の作成にかかるコストは30万クレジット。2チーム目を作成するにはチームに所属して10戦以上消化することが条件で、2~3チーム目の作成には300ダブロンづつ費用がかかる。チームはオンラインタンクバトル「World of Tanks」の“クラン”とは異なり、最大10名(×3チーム)という小規模ユニットだ。

20160216wows
20160216wows

 チームバトルはパイロットシーズンの間はアジアでのピークタイムとなる午後8時~午前1時の開催を予定。経験値やクレジット報酬はランダム戦と同じだが、チームバトルのみ有効なイベント等も予定するとのこと。チームバトルはランク戦と同様、小規模マップの制圧戦で実施される。

 チームバトル導入に関して、柳沼氏は「チームバトルはユーザーからの要望が多かった要素」と語り「チーム内で戦略を練って艦隊行動をとって頂ければ」とコメント。Eスポーツのレギュレーションも念頭に置いて、ランダム戦とは異なるユーザーどうしの横のつながりが生まれることを期待している。なお、チームランキングの実装も計画中とのことだ。



チームバトル参加対象のTier表記を修正しました(2016年2月16日)

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

11,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp