2016年02月16日08時00分

NTTドコモ、世界初のセルフ健康検査ブース「ネットワークヘルスキオスク」実証実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ドコモ、セルフ健康検査ブース
ネットワークヘルスキオス

 NTTドコモは2月15日、セルフ健康検査が行なえる「ネットワークヘルスキオスク」を中国上海市にて実証実験を行なうと発表した。

 公益財団法人 福岡県産業・科学技術振興財団 社会システム実証センター、九州大学 システムLSI研究センターの指導の下、スマートサービステクノロジーズが開発・製造したセルフ健康ブース。病院の受診要否を判断する目的に利用され、さまざまな健康検査をセルフで受けることができる。ブースの検査項目は、身長・体重、血圧、体脂肪や視力、聴力、緑内障や白内障、心電波形、認知症などの検査機能を備えている。

ドコモ、セルフ健康検査ブース
画面イメージ

 NTTドコモが研究開発した呼吸計測器が搭載されており、呼気中のアセトンやエタノールの計測により、脂肪代謝や糖尿病、摂食障害や過度なダイエットなどによる代謝異常の有無が計測可能。

 実証実験では、2016年3月31日~2017年3月31日の期間、上海市天山路街道社区衛生服務中心の5ヵ所の診療所で順次稼働。周辺地域住民に無償(ICカードによる個人認証制)で利用してもらう予定。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp