2016年02月12日11時48分

iPhoneの日付「1970年1月1日」設定して再起動は絶対ダメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
time

 「やってはいけない」というお話。

 iPhoneの日付を「1970年 1月1日 13時00分」に設定して再起動すると、iPhoneが使用できなくなるバグが発見され、ネットで話題となっている。

 「設定」アプリで「日付と時刻」の自動設定をオフにして、本体の日付を手動で1970年にすると発生する。筆者のiPhoneで試してみたところ、2000年辺りで日付を戻せる上限が来るのだが、さらにスクロールし続けると確かに1970年まで戻せた。

 本体の日付を1970年にした状態で再起動すると、アップルマークがディスプレーに表示されたまま動かなくなるようだ。

 実際にこのバグを試している動画もYouTubeにアップされている。やりたくなる気持ちはわからないでもないが、ここはぐっと耐えて、動画を見るだけにしてほしい。

 

 Twitterでは、「iPhone軽く出来るってマジ?」などとうたって、日付を1970年1月1日まで戻して再起動をするツイートが紹介されているようだ。もちろん、これはデマ。動作が軽くなるどころか、動画のようになるので、絶対にやらないように。

コジマ

kojima

1986年生まれ。オールドルーキーとして、生来の不器用さと異常なほどの心配性を周りからツッコまれつつ、取材や原稿などと格闘している。

人気の記事:
「iMacという未来が家に来たことを、ひさびさに思い出した」「『ポテトチップス 苺のショートケーキ味』衝撃デビュー! あまりに革命的な味」「レコードをひさびさに聴いたら、ハイレゾもいいなと思った」

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!