2016年01月30日07時00分

日本の投資家「わかってる」 二次元嫁を召喚「Gatebox」がやばい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

編集部でのこぼれ話を中心に、この先のスタートアップ関連の動きをおさらい! 記事にする必要のない余計な情報、ウラ話を中心にゆる~くお届けします。

北島:座談会も10回目ですが、今週もトピックいろいろなようで。

盛田:今週はなんといっても実物の「Gatebox」を見たのがやばかった。二次元嫁を声で召喚できる魔法の装置です。実際に召喚してもらったけど、やばい。プロジェクターの使い方だけであそこまでリアルにできるものかってびっくり。理想的なひきこもり量産機ですよあれは。

Gatebox | Hologram Communication Robot

■関連記事

000
おしゃべりできる美少女ホログラムを投影する装置Gatebox

北島:まだ展示とかもされてないですよね。普通にうらやましい。

盛田:本当にステルスで開発してたらしくて、DMM.makeのほぼ誰も知らないっていう。ウィンクルって「なんか光る鳥(AYATORI)つくってるところ」のイメージしかなかったから、びっくり。

鈴木:実はウィンクル武知実さんには、次のプロダクトはすごいとうかがっていたんだけれど。やはりやってくれましたよ!

盛田:すごいのはこの時点で9000万円の資金調達が完了してることよね。どれだけ日本の投資家は「わかってる」のかっていう話で。年内にクラウドファンディングは始めたいという話だけど、すでにある程度のところまでは資金ができてるというのが本当すごい。

北島:盛田さん実物見たってことは、そのうち記事があがるってことでOK?

盛田:ええもちろん。乞うご期待。あと人材を絶賛募集中って話だったから、ここでも書いとこう。人材、とくに「変な人」中心に募集してるそうですよ~。われこそはという方ぜひどうぞ。

鈴木:次回、ASCIIでベンチャーピッチを開催する際は、ぜひ出場してほしい。

北島:普通に優勝しそうな気が……。

大江戸スタートアップ週末かわら版
AYATORI

「黙っててもお金が増える世界」

北島:Fintechセミナー、みなさんお疲れ様でした。ご来場いただいた方々も遅くまでお付き合いいただきありがとうございました。

盛田:パチパチパチパチ。今回ガチさんの司会がよかったよねー。ガチさんお金好きなの?

鈴木:たくさんのご来場ありがとうございました! お金が好きなのはもちろんのところ、頭が悪い感じですみませんが、わたくしFintechの発展で、黙っててもお金が増える世界が来るんじゃないかと、思っているんですよね。なので、注目している分野。

盛田:「黙っててもお金が増える世界」ってなにそのエルドラド。いま住みたいわそんな世界。

北島:そこらへんのお話、セミナー内では冷静に登壇者のみなさんが答えていただいてましたね。そこまで黄金郷というわけでもない部分もありつつ……。あとは海外の注目Fintechもお話とか。

盛田:あれおもしろかったね、「コーヒーを310円で買ったとき400円で90円のお釣りが来る。その90円を勝手に投資してくれるアプリ」。カード決済したとき1ドル未満の端数を自動的に投資に回してくれるっていう、チリも積もれば的なやつ。「Acorns」だっけ。

Acorns

北島:五百円玉貯金箱でたとえられていたやつですね。日本で同じようなのが出てくるなら、利用者側のインセンティブが気になるところ。

鈴木:個人的にはウェブの決済手法のひとつになるとか、おもしろいかもと思った。仮にだけど、ECの支払いメニューにAcrons(例として)があって──とか。

盛田:おもしろげ!ガチさん最終的に家計簿サービスのマネーフォワードさえ決済手法のひとつにしようとしてたもんね(笑)。「銀行がAPI公開したらできますよね!」とか言って。

北島:……セミナー第2部は現場でぶっ込んでたね。

鈴木:三菱UFJ藤井さんの海外出張のほやほやの海外事情が聞けたのもよかった。

盛田:「プライベートエクイティファンドをブロックチェーンでつくる企業」とか「いちばんレートがいい両替所を探せるサービス」とかね。あそこまでまとまって海外Fintechまわりの話が聞けることもなかなかないと思う。

北島:レポート記事も上がる予定ですので、ご来場できなかったみなさんはそちらをぜひ。

盛田:Fintechの現在地がざっとわかるような記事になります。お楽しみに。

大江戸スタートアップ週末かわら版

気になるビットコインやブロックチェーン

北島:Fintech関連で言うと、セミナーではこちら方面は積極的には触れませんでしたが、ビットコインの取引所を手がけるレジュプレスに続いて、今週はOrbのお話を聞いてきました。代表の仲津さんの思い入れ深いPDFが公開されているスタートアップなのだけど、実際のお話は丁寧でわかりやすかったですよ。熱いPDFはこちら

大江戸スタートアップ週末かわら版

Orb

盛田:これってビットコインみたいな仮想通貨の発行インフラなの?それともさくらインターネットがやってる「mijinクラウドチェーン」みたいな金融業者向けのシステム?よくわかってないんだけど。

北島:mijinとは別ですね。個別の行政や地方で使えるオルタナティブコイン(仮想通貨)のプラットホーム提供からまずは行ってくみたいです。インセンティブの付け方がいろいろ工夫できるので、たとえば地域ごとの貨幣流通量を適切な形にできるようになる、というビジョン。

盛田:いわゆる地域通貨のデジタル版みたいな話かしらね、「デジタルアトム通貨」みたいな。

北島:ですね。普段使いの地域振興券のようなものが、スマホだったりで使う店にも消費者にもよりお得な形で提供できる実証実験がこれから始まっていくのかなと。将来像はもっと広~いプラットホーム構想を持っているので、そこは記事をご覧くださいってことで。

盛田:ビットコインとのちがいが気になる感じかなー。そもそもブロックチェーンそのものが既存のシステムをどうやって代替するものなのかというのも詳しく知りたい。期待してます。

スタートアップ経営者向けセミナーを開催

北島:そしてここで告知。2月も濃い目のセミナーを予定してます。

大江戸スタートアップ週末かわら版

Startup Professional スタートアップの営業・広報・バックオフィス

鈴木:次回は、ベンチャー、スタートアップの経営者の方に向けた、セミナーを開催します!

北島:営業・広報・バックオフィスと、いきなりニッチな3本立てですが、豪華メンバーによるアカデミーらしい実践的情報をお届けできればと思っています。

鈴木:少人数のスタートアップが、なんでも自分たちでやらないといけない。本来の業務以外の部分で慣れないことも多いと思います。そこを手助けできるよう、超プロフェッショナルたちに話を訊いていきます。

盛田:スペースマーケット重松さんからはNTT仕込みの営業テクニックが聞けるのかしら……

北島:攻略法からピッチの優勝方法まで、とことん語ってもらう予定ですのでご期待を。

中古カメラ、ジャパンツアー、スーパー

北島:それでは最後に来週の予定でも。

盛田:来週はテキストチャットの生放送ができるChatCast、シュッピンという中古品販売会社の取材があります。中古カメラのマップカメラとか中古腕時計のGMTを抱えるところですな。

■関連記事

鈴木:わたくしは、スタートアップジャパンツアーの取材で仙台に行ってまいります。前回の岐阜の取材では時間なく何も食べられなかったので、牛タン、牡蠣と何を食べてこようかなー。

STARTUP JAPAN TOUR

盛田:ぐっ……ロレックスは食べられない……!

北島:盛田さん、まだまだチャンスは残ってますよ。スタートアップジャパンツアーは、まだ続きます。

鈴木:お次は2/27に愛媛があります。さらには北海道と、長野が残っています。

盛田:うまいものは!うまいものはまかせてください!!!

北島:ちなみに私は、来週はスタートアップ×スーパーマーケット取材で関西地方に行ってきます。(地方取材って、終日ごりっごりにお話聞いて帰るという現実も多いよね)

●今週の一言
盛田:「なな色のバラのように美しく生きていこうよォッ」という商品名の紅茶を飲みました。
鈴木:ドラゴンクエストビルダーズ同梱PS Vita ドラゴンクエスト メタルスライム エディション買いました。
北島:ピェンローのおいしい季節になりました。普通にうまい。

大江戸スタートアップ週末かわら版
左から北島幹雄、盛田諒、ガチ鈴木

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!