2016年01月27日15時00分

オリンパス「PEN F」がミラーレスで復活! 高品質感がハンパない‼!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
オリンパス
「OLYMPUS PEN-F」シルバーモデル
オリンパス
ブラックモデルも用意する

 同社は1963年に「ペン F」という小型(世界初のハーフサイズ)一眼レフカメラを発売しているが、今回の新機種はこの名を受け継いでおり、デザインにもこだわっている。

オリンパス
本体前面。左上にある丸いダイヤルでモノクロ撮影や特殊効果撮影などを簡単に切り替えられる
オリンパス
手が当たる部分が痛くないように、前面の右下のフチがカットされている
オリンパス
本体上面。背面側のものを含めると4つのダイヤルがある
オリンパス
本体背面。ダイヤルやボタンなど、操作部はすべて円形で統一
オリンパス
持ちやすいように、背面右上を少しへこませている

 撮像素子には新開発の2030万画素のLive MOSセンサーを搭載。ローパスフィルターレスとなっている。画像処理エンジンにはE-M10 Mark IIと同じ「TruePic VII」を採用し、感度設定はISO 200~25600まで設定可能。また、「LOW」の設定にすればISO 80相当にも設定可能だ。

 本体には5軸の手ブレ補正機構を内蔵しており、シャッタースピード最大5段分の効果が得られる。さらに、レンズの手ブレ補正機能との連携使用が可能で、最大6段分の手ブレ補正効果が利用できる。

オリンパス
左側面。各種インターフェースはこちら側にある
オリンパス
逆に右側面には何もない
オリンパス
底面も含め、ネジが一切見えないデザインとなっている

 機能面では、センサーを動かしながら複数回の撮影をし、画像を合成して高解像な画像を生成する「ハイレゾショット」が、従来の40M相当から50M相当になった。ちなみに、50M(5000万画素)というのは、キヤノンのフルサイズ一眼レフ「EOS 5Ds/5Ds R」に匹敵する解像度となる。

 また、新機能として「モノクロプロファイルコントロール」「カラープロファイルコントロール」が追加された。これはモノクロまたはカラー撮影時の効果を詳細に調整できる機能。

 モノクロ時はカラーフィルター、ハイライト&シャドー、シェーディング、粒状フィルム効果、調色を組み合わせて調整が可能。カラーは、色の彩度を12種類、それぞれ11段階で調整でき、ハイライト&シャドーの効果を組み合わせられる。モノクロ、カラーとも3種類のプリセットを用意する。

 なお、この機能と特殊効果の「アートフィルター」、色相や彩度を調整できる「カラークリエイター」は、本体前面のダイヤルで簡単に切り替えられるようになっている。

オリンパス
背面モニターは3型でバリアングル式を採用
オリンパス
パネルの裏側が本体と同一の素材となっており、モニターを閉じても違和感がないデザインとなっている
オリンパス
EVFは236万画素の有機ELパネルを採用。視野率100%で倍率は1.23倍。さらにダイナミックレンジを拡大し、目視の近いイメージで確認できる「OVF シミュレーション」も利用可能だ
オリンパス
オリンパス
別売の外付けグリップ「ECG-4」(希望小売価格1万6200円)。装着したままでバッテリーの交換が可能

 レンズキットは、「M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0」レンズが付属する「12mm F2.Oレンズキット」を本体と同時に発売予定だ(予想実売価格21万円前後)。

 なお、同社ではM.ZUIKO PREMIUMレンズとのセット購入で5000円をキャッシュバックするキャンペーンを展開する。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

12,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp