2016年01月19日09時00分

クラウドワークスが「プロワーカー」認定制度を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 クラウドワークスは1月18日、クラウドソーシングサービスにおいて仕事の評価、獲得報酬額などで一定の基準を満たしたクラウドワーカーを、仕事能力の高いプロフェッショナルとして認定する制度「プロクラウドワーカー」を発表した。

 働き方が多様化する中、クラウドワークスの利用者は78万人(2016年1月現在)に拡大する一方、クライアント企業においては、高い品質やスピードで業務をこなせるクラウド ワーカーを指名して仕事を依頼したいというニーズが高まっている。

 そこで、クライアントとクラウドワーカーとの最適なマッチングを目的に、新制度を開始する。本制度で認定された「プロクラウドワーカー」は、全クラウドワーカーの中から定められた基準を満たした人だけが選抜される仕事能力の高いユーザーとされる。

 その選定基準は「プロジェクト形式案件の納品完了率:90%以上」「クライアント評価:4.8以上」「獲得報酬額:仕事カテゴリ別上位20%以内(タスク形式案件の仕事は上位5%以内)」「仕事依頼(スカウト)数:10回以上」「本人確認済み」。

160118_clowdworks

 選定されると、プロフィール画面などで「プロクラウドワーカー」と識別できるマークが表示されるほか、特設ページで紹介することでクライアントに対してアピール可能となる。さらに、有名企業からの依頼案件や高単価の案件、継続発注が予定されている案件など、クラウドワークスが選定したオススメ案件が優先して紹介される予定だ。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!