2016年01月10日19時00分

iPhone 7はイヤホンジャック廃止確定でLightningで高音質に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 みなさん、こんばんは。ASCII編集部の吉田ヒロでございます。国内外のApple噂系サイトで1月3日から1月9日までに出回った内容をまとめました。先週も、iPhone 6sシリーズの出荷台数が失速しているという年末から引き続く内容の記事が多数みられた一週間でした。前モデルのiPhone 6シリーズは6sシリーズ販売直前の2015年の夏ごろでも中国を中心に世界的にかなり売れていたので、その反動が来ているんだと思われます。バブルはいつか弾けるものなので、まあ自然な流れなんじゃないでしょうか。

 その一方で、iPhone 7シリーズに関する情報も出てきました。こちらも従来の噂を踏襲するものが多いですが、米インテル社製のLTEモデムを採用することで3波キャリアアグリゲーションによる下り450Mbpsを実現すると思われます。現在iPhone 6sシリーズは、2波キャリアアグリゲーションにより下り300Mbpsを実現していますが、日本国内では周波数帯域の制限でNTTドコモの下り262.5Mbpsが最高です。iPhone 7になることで、NTTドコモが販売中のAndroid端末やWi-Fiルーターの一部で利用可能な、3波キャリアアグリゲーションによる下り300Mbpsに対応することになるのでしょう。

 そのほか、ステレオミニジャックの廃止は確実のようで、それを受けて付属のイヤホンはLightning接続となり、オプションでBluetoothで無線充電が可能なイヤホンが用意されるようです。

1/4 iPhone 7はインテル製モデム搭載へ

EMSOneが、iPhone 7に搭載される主要なロジックICのサプライヤー一覧を公開しています。プロセッサーは、Apple A10で決まりですが、LTEモデムについては従来の米クアルコム社製から米インテル社製の「XMM 7360」に変わるようです。部品の量産は3月から始まる見込みです。XMM 7360はカテゴリー10のLTEモデムで、FDD、TDの通信方式のほか、下り最大450Mbps、3波キャリアアグリゲーションにも対応します。国内では現在、ドコモがWi-FiルーターやAndroidスマホの一部で3波キャリアアグリゲーションによる下り300Mbpsを達成しています。

1/4 フォードの新車はすべてCarPlay対応

米フォード社によると、同社が2016年に発売予定の自動車は、全モデルがiOSのCarPlayとAndroidのAndroid Autoに対応するそうです。CarPlayに対応することで、「マップ」「メッセージ」「電話」「ミュージック」などのアプリを、Siriもしくはタッチパネルで操作できるとのこと。一方Android Autoでは、「Google音声検索」「Googleマップ」「Google Play Music」などをホイール(車のハンドル)部分のコントローラーもしくはタッチパネルで操作できます。CarPlayはホイールで操作できないとはいえ、Siriが使えるのでこっちのほうが便利な気がします。

1/5 中東でもiPhoneが強い

EMSOneによると、2015年7~9月期の中東・アフリカでのスマホ売上でアップル(iPhone)が前年同期から133%増の成長を見せたとのこと。香港の調査会社であるカウンターポイント社のレポートです。中国の次に狙う市場は中東あたりかも。

1/5 サムスンがApple A10受注失敗で規模を縮小

EMSOneによると、韓国サムスン電子社は次期iPhoneに搭載されるとみられるApple A10の受注に失敗したことで、設備の発注計画を縮小するそうです。大口案件がなくなると、計画に大きな影響を及ぼしますね。

1/6 iPhone 7用バックライトモジュール画像が流出

Apple.club.twによると、iPhone 7のものとされるバックライトモジュールの写真が流出したとのこと。iPhone 6sシリーズと比べるとケーブルの位置などが異なっていますが、本物かどうかは不明です。

1/6 Apple Pencilは15個の半導体を内蔵

Chipworksによると、iPad Pro用のデジタルペンであるApple Pencilには15個の半導体が組み込まれているとのこと。その半導体の多くは、スイスのSTマイクロエレクトロニクス社と米テキサスインスツルメンツ社のもので、先端部分の内部ドライバーICはSTマイクロエレクトロニクス製とのこと。そのほか、米マキシム・インテグレーテッド社、米Siタイム社、英CSR社、独ロバート・ボッシュ社、米フェアチャイルドセミコンダクター社の部品も含まれていたそうです。

1/6 ミラネーゼループのブラックバージョンが近日発売

9 to 5 Macによると、チェコのオンラインのApple Storeでスペースブラックのミラネーゼループが一時的に公開されていたそうです。現在は削除されていますが、画像があるということは近日中に公開されると考えられます。

1/6 iPhone 6sの部品受注が低迷

日本経済新聞によると、iPhone 6sシリーズの1~3月期の生産量を予定の3割程度減らす見通しとのこと。なお、4~6月期には元の水準に戻すようです。組み立て工場の稼働率低下という噂もありましたし、1~3月期に減産することで流通在庫を減らすということなんでしょう。

1/6 iPhone 7では256GBモデルが登場

EMSOneによると、iPhone 7シリーズでは内蔵ストレージ容量が256GBのモデルが登場するという噂があるそうです。この噂を受けて、コントローラーIC製造の台湾フィソン社、NAND型フラッシュメモリーメーカーの業績向上が期待されているとのこと。

1/7 iPhone 7製造工場が早くも3月に稼働

EMSOneによると、iPhoneの組み立てで知られる台湾ペガトロン社は3月にiPhone 7用の新工場2棟を稼働させるとのこと。iPhone 6sシリーズは減産などのバッドニュースもありますが、次期モデルの量産は着々と進んでいますね。

1/7 フォックスコンは春節にiPhoneを作らない

ロイターによると、iPhoneの組み立てで知られる台湾フォックスコン社は春節(旧正月)にiPhoneの製造工場を操業させないそうです。同社は未定としているようですが、やはりiPhone減産の流れを受けたスケジュールでしょうか。

1/8 iPhone 7では無線充電と防水機能が加わる

Fast Companyによると、2016年に発売されるとみられるiPhone 7では、ステレオミニジャックが廃止され、音声出力はLightningもしくはBluetoothのみになるとのこと。また、英ウォルフソン・マイクロエレクトロニクス社のノイズキャンセリング技術が採用され、対応するLightning接続のイヤホンやヘッドホンを使うことで、電話や音楽再生の際の周囲の音をカットできるそうです。そのほか、iPhoneの内蔵バッテリーを無線充電できるようになり、防水機能も加わるそうです。無線充電が加わればLightningポートにイヤホンを接続しながら充電できるようになるので、自宅などではステレオミニジャック廃止のデメリットは軽減されますが、屋外でモバイルバッテリーで充電しながら音楽を聞くにはBluetoothになっちゃうのはちょっと不便かも。電磁誘導のモバイルバッテリーが増えるといいんですが。

1/8 中国がiPhoneの減産に関連して補助金を出す?

EMSOneによると、台湾フォックスコン社のiPhone組み立て工場がある中国河南省鄭州市が、iPhoneの減産を受けて工場の雇用維持のために約15億円(8000万元)の補助金を出すそうです。iPhoneバブルの崩壊は、行政にとっても頭の痛い問題のようです。

1/8 2016年1~3月期のiPhone出荷台数は10%減か

DigiTimeリサーチによると、2016年1~3月のiPhone出荷台数は、前年同期5.2~10.1%減になる見通しとのこと。前モデルのiPhone 6シリーズがちょっと売れすぎたので自然な流れかと。

1/8 iPhone筐体メーカーも設備投資を抑制

EMSOneによると、iPhoneの金属筐体を供給している台湾キャッチャー社は、2016年の設備投資を大幅に削減すると発表したそうです。iPhone 6sシリーズの減産を受けての判断かと思われます。

1/9 WWDCは6月第3週に開催

The Loopによると、Appleが毎年開催しているWWDC(Worldwide Developers Conference、世界開発者会議)について、2016年は6月13~17日の日程で開催されるそうです。根拠は、例年会場として使われる米サンフランシスコにあるイベントホール「モスコーンセンター ウエスト」のスケジュールとのこと。

1/9 iPhone 7に併せて純正BLイヤホンを開発中か

9 to 5 Macによると、iPhone 7ではステレオミニジャックが廃止されることを受け、AppleはBluetoothで接続する無線タイプのイヤホンの開発を進めているそうです。これは付属品ではなくオプションとして用意されるようで、イヤホン自体の充電も無線になるそうです。個人的にBluetoothのイヤホンの何が嫌かというといちばんが充電だったので、iPhone 7より前に欲しいです。

1/9 Appleが電気自動車開発に本腰?

MacRumorsによると、Appleが、「apple.car」「apple.cars」「apple.auto」などの自動車を連想させるドメインを取得しているそうです。これがCarPlayのためなのか、開発していると噂される電気自動車のためなのかは不明ですが、なんか期待しちゃいますね。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

3,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

10,380円〜

11人が購入

Amazon.co.jp