2015年12月27日17時00分

12型PCをガチで比較した結果、日本HP製がほしくなる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ひさびさに発売した「週刊アスキー 特別編集 冬の超お買物特大号」。やはりアスキーですからPC情報も満載でお届けしています。さて、週アス発売記念と称して「いま、ほしいもの」を聞く本企画、今回ほしいものを紹介してくれるのはPC担当のハイサイ比嘉です。

 担当らしく、ほしい製品はこちら。

日本HPの12型タブレットがまじでほしい、私はやすみがほしい
「HP Elite x2 1012 G1」

 では例のごとく、ほしい理由を聞いてみましょう。

無線ドッキングステーションも注目の日本HPタブレットが気になる

 今ほしいものは、日本HPの12型タブレット「HP Elite x2 1012 G1」、デルの12.5型「New XPS 12」、日本マイクロソフトの12.3型「Surface Pro 4」のどれか。10型から12型程度のタブレット・ノートがほしいと思って探し始めたところで、次々と発表され、物色しているような状態だ。現状では、特にキーボードのデキがいいHP Elite x2 1012 G1に傾きつつある。指紋認証センサーを標準搭載という点もナイスだ。

日本HPの12型タブレットがまじでほしい、私はやすみがほしい
日本HPの12型タブレットがまじでほしい、私はやすみがほしい
カバーとしても利用できるバックライト付きキーボード「HP Travel Keyboard」(オプション)。写真は英語バージョンで、日本版はJIS配列のみ販売されるという

 HP Elite x2 1012 G1のスペックは、Core m3-6Y30(900MHz)/Core m5-6Y54(1.1GHz)、4GBメモリー、Intel HD Graphics 515(CPU内蔵)、128GB M.2 SSD、12型液晶ディスプレー(1920×1280ドット)といったところ。発表会で触ったCore m5-6Y54試用機は、テキスト入力、ネットやメールなどは難なくこなせそうな印象だった。これに母艦となるデスクトップPCを組み合わせて使えば困りそうにない。マシンパワーが必要になりそうな場合にはそちらを使えばいいからだ。

 HP Elite x2 1012 G1の重量は、本体が約820g、オプションのキーボードが約385g。合計の重量は約1.2kgなので、そう重く感じることはないはず。

日本HPの12型タブレットがまじでほしい、私はやすみがほしい
ワコムの静電結合方式(AES)採用の「HP Active Pen」を標準で同梱。2048階調の筆圧感知に対応するほか、パームリジェクションもサポート

 また、HP Elite x2 1012 G1に注目している理由には、オプションの「HP アドバンスド無線 ドッキングステーション」も含まれる。WiGig(IEEE802.11ad)を介してHP Elite x2 1012 G1と無線接続するインターフェース拡張ユニットにあたり、DisplayPort端子×2、アナログRGB端子、USB 3.0端子×4などを備えている。周辺機器はこのドッキングステーションにつないでおけば、デスクの離席・着席のたびにHP Elite x2 1012 G1側で直接ケーブルを抜き差しするという煩雑さが一気に減るはずだ。会議や打ち合わせの際にはHP Elite x2 1012 G1から電源だけ外せば、サクッと移動できるようになる。

日本HPの12型タブレットがまじでほしい、私はやすみがほしい
日本HPの12型タブレットがまじでほしい、私はやすみがほしい
「HP アドバンスド無線 ドッキングステーション」(オプション)

 あとは、ほかの方が、Windows上でのUNIX環境をどう作っているのか気になるところ。MSYS2CygwinBabun? いっそ素直にPackageManagement(OneGet)Chocolatey+Powershellを覚えていくほうがいいんですかね?

日本HPの12型タブレットがまじでほしい、私はやすみがほしい

ハイサイ比嘉

アスキー編集部でAppleやWindows PCを担当。最近、15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル(Mid 2012)にWindows 10をインストールして、15年ぶりくらいにWindowsをメイン環境として使っている。

 熟考を重ねて絞っている、という感じが伝わってきますね。10~12型のPCはユニークな製品も多いので、ユーザーにとって、選びがいのあるうれしい悩みのゾーンだと言えます。実際にどれを選べばいいか考えている、という人も多いのでは? そんな人こそ「週刊アスキー 特別編集 冬の超お買物特大号」がおススメ。今買って読んで、参考にして、損はないですよ!

週刊アスキー「冬の超お買物特大号」

スマホも家電もPCもこの1冊で決まり
『週刊アスキー 特別編集 冬の超お買物特大号』


■収録特集例
「2016年今買うデジギア84」
「格安SIM&スマホ購入活用術」
「Windows10最強TIPS特選集」
「iPhone 6s&iOS 9徹底解説」など

■特別付録
「僕たちの大好きなLINEを256倍楽しくする本」

■判型:A4変
■ISBN:978-4-04-865631-3
■発売:2015年11月30日(月)
■定価:本体639円+税
■販売店:全国の書店、コンビニ、ネット書店など

やっぱりとっても未来なTESLA「Model S」がほしい!
■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly
スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!