2015年12月27日17時00分

12型PCをガチで比較した結果、日本HP製がほしくなる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ひさびさに発売した「週刊アスキー 特別編集 冬の超お買物特大号」。やはりアスキーですからPC情報も満載でお届けしています。さて、週アス発売記念と称して「いま、ほしいもの」を聞く本企画、今回ほしいものを紹介してくれるのはPC担当のハイサイ比嘉です。

 担当らしく、ほしい製品はこちら。

日本HPの12型タブレットがまじでほしい、私はやすみがほしい
「HP Elite x2 1012 G1」

 では例のごとく、ほしい理由を聞いてみましょう。

無線ドッキングステーションも注目の日本HPタブレットが気になる

 今ほしいものは、日本HPの12型タブレット「HP Elite x2 1012 G1」、デルの12.5型「New XPS 12」、日本マイクロソフトの12.3型「Surface Pro 4」のどれか。10型から12型程度のタブレット・ノートがほしいと思って探し始めたところで、次々と発表され、物色しているような状態だ。現状では、特にキーボードのデキがいいHP Elite x2 1012 G1に傾きつつある。指紋認証センサーを標準搭載という点もナイスだ。

日本HPの12型タブレットがまじでほしい、私はやすみがほしい
日本HPの12型タブレットがまじでほしい、私はやすみがほしい
カバーとしても利用できるバックライト付きキーボード「HP Travel Keyboard」(オプション)。写真は英語バージョンで、日本版はJIS配列のみ販売されるという

 HP Elite x2 1012 G1のスペックは、Core m3-6Y30(900MHz)/Core m5-6Y54(1.1GHz)、4GBメモリー、Intel HD Graphics 515(CPU内蔵)、128GB M.2 SSD、12型液晶ディスプレー(1920×1280ドット)といったところ。発表会で触ったCore m5-6Y54試用機は、テキスト入力、ネットやメールなどは難なくこなせそうな印象だった。これに母艦となるデスクトップPCを組み合わせて使えば困りそうにない。マシンパワーが必要になりそうな場合にはそちらを使えばいいからだ。

 HP Elite x2 1012 G1の重量は、本体が約820g、オプションのキーボードが約385g。合計の重量は約1.2kgなので、そう重く感じることはないはず。

日本HPの12型タブレットがまじでほしい、私はやすみがほしい
ワコムの静電結合方式(AES)採用の「HP Active Pen」を標準で同梱。2048階調の筆圧感知に対応するほか、パームリジェクションもサポート

 また、HP Elite x2 1012 G1に注目している理由には、オプションの「HP アドバンスド無線 ドッキングステーション」も含まれる。WiGig(IEEE802.11ad)を介してHP Elite x2 1012 G1と無線接続するインターフェース拡張ユニットにあたり、DisplayPort端子×2、アナログRGB端子、USB 3.0端子×4などを備えている。周辺機器はこのドッキングステーションにつないでおけば、デスクの離席・着席のたびにHP Elite x2 1012 G1側で直接ケーブルを抜き差しするという煩雑さが一気に減るはずだ。会議や打ち合わせの際にはHP Elite x2 1012 G1から電源だけ外せば、サクッと移動できるようになる。

日本HPの12型タブレットがまじでほしい、私はやすみがほしい
日本HPの12型タブレットがまじでほしい、私はやすみがほしい
「HP アドバンスド無線 ドッキングステーション」(オプション)

 あとは、ほかの方が、Windows上でのUNIX環境をどう作っているのか気になるところ。MSYS2CygwinBabun? いっそ素直にPackageManagement(OneGet)Chocolatey+Powershellを覚えていくほうがいいんですかね?

日本HPの12型タブレットがまじでほしい、私はやすみがほしい

ハイサイ比嘉

アスキー編集部でAppleやWindows PCを担当。最近、15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル(Mid 2012)にWindows 10をインストールして、15年ぶりくらいにWindowsをメイン環境として使っている。

 熟考を重ねて絞っている、という感じが伝わってきますね。10~12型のPCはユニークな製品も多いので、ユーザーにとって、選びがいのあるうれしい悩みのゾーンだと言えます。実際にどれを選べばいいか考えている、という人も多いのでは? そんな人こそ「週刊アスキー 特別編集 冬の超お買物特大号」がおススメ。今買って読んで、参考にして、損はないですよ!

週刊アスキー「冬の超お買物特大号」

スマホも家電もPCもこの1冊で決まり
『週刊アスキー 特別編集 冬の超お買物特大号』


■収録特集例
「2016年今買うデジギア84」
「格安SIM&スマホ購入活用術」
「Windows10最強TIPS特選集」
「iPhone 6s&iOS 9徹底解説」など

■特別付録
「僕たちの大好きなLINEを256倍楽しくする本」

■判型:A4変
■ISBN:978-4-04-865631-3
■発売:2015年11月30日(月)
■定価:本体639円+税
■販売店:全国の書店、コンビニ、ネット書店など

やっぱりとっても未来なTESLA「Model S」がほしい!
■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

12,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp