2015年12月26日12時00分

たった48時間で「スマホVR ハコスコ向けアプリ」を制作した開発者のウラ話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スーピコ×ポケラボ
プロデューサー ふもと氏(左)、エンジニア かも氏(右)

 11月27日。「スマホVR ハコスコ向けアプリ」を48時間以内に制作するという前代未聞のニコニコ生放送があった。
 笑えるゲーム実況ふう番組「スーパーピコピコクラブ(スーピコ)」とゲームアプリメーカー ポケラボのコラボレーション企画として番組視聴者とスマホゲームの共同開発を行なう「GAME JAM」を開催した。

 48時間でアプリを制作する……ということだけでもかなりキャッチーだが、制作したのは「ハコスコ向けアプリ」。徐々にVR(仮想現実世界)のブームが巻き起こりつつあるが、スマホで手軽に使えるハコスコ向けアプリを生で制作するということには驚きだ。

 今回は実際にアプリ制作を手がけたプロデューサー ふもと氏、エンジニア かも氏にインタビューを行なわさせていただいた。

“みんな”でアプリをつくりたかった

── 本日はお忙しいところインタビューをさせていただき、ありがとうございます。アプリ制作、本当にお疲れさまでした。

ふもと氏:ありがとうございます。でも放送が終わったあとの記憶がもうあやふやなんですよね。

── やっぱり疲れましたよね。

ふもと氏:放送が終わったのは深夜2時ごろだったと思うんですけど、やりきった達成感からかテンションが“ハイ”になっちゃって……。

── すぐに帰って寝なかったんですか?

ふもと氏:帰宅後にタイムシフトで自分たちの放送を観てました。気がついたら寝ちゃってて会社に遅刻しましたけど(笑)

スーピコ×ポケラボ
ふもと氏は「制作における疲れよりも達成感のほうが勝った」とコメント。

── 放送が土日だったんで、てっきり月曜日はお休みにしていたのかと……。

ふもと氏:午前休は取得して、午後から出社しようと思ったら寝坊しました。そうしたら「なんで遅刻してるんだ!」と社内のほかの人から言われました(笑)

── かなり過酷だったんですね。そもそもなぜアプリの制作をニコニコ生放送で行なおうと思ったんですか?

ふもと氏:ある放送で、ユーザーさんとえんじゃが放送内でゲームをいっしょに遊んでいる姿を見て、“この一体感をもっとほかのもに生かしたい”と思ったことがきっかけです。そこでポロッと「ゲームをユーザーさんとこの番組でいっしょにつくりません?」と言ったところ、かなり反響があったので翌日には企画書をつくって協力してくれる仲間探しを始めました。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp