2015年12月04日13時39分

アップル、プログラミング言語「Swift」をオープンソース化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
アップルの新開発言語「Swift」がすべてを変える
2014年のWWDC。基調講演の終盤で発表されたのが「Swift」だった

 アップルは12月3日(現地時間)、同社のプログラミング言語「Swift(スウィフト)」をオープンソースにしたことを発表した。

 Swiftは、アップルのiOSおよびOS Xのためのプログラミング言語。LLVMコンパイラが使われており、ライブコーディングに対応していることが特徴。

 SwiftオープンソースコードはGitHubから入手することができ、これには、iOS、OS X、watchOS、tvOSといったアップルのすべてのプラットフォームのほか、Linuxのサポートも含まれている。

 提供されるコンポーネンツにはSwiftコンパイラ、デバッガー、標準ライブラリ、基本ライブラリ、パッケージマネジャーREPLが含まれる。SwiftはApache 2.0オープンソースライセンスの下でライセンスされる。

 アップルはこれにあわせ、技術文書、コミュニティリソース、Swiftのソースコードがダウンロードできるリンクなどを含む、Swiftオープンソースに関する詳細な情報を提供する「Swift.org」を立ち上げている。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

12,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp