2015年10月28日16時40分

11歳の女の子「安全なパスワード売ります」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
password

 ミラ・モディさんはニューヨークに住む11歳の女の子。ウェブサイト「ダイスウェア・パスワード」をたちあげ、自分の手でつくりあげたパスワードを1つあたり2ドルで「販売」している。

 ダイスウェア・パスフレーズとは、サイコロを使って単語をランダムに選び、文字列をつくる方法のこと。サイコロを5回振って出た目から1つの単語を選び、それを5回くりかえすことで、原理的に予測されづらい安全なパスワードを生成する。

 (詳しいルールや原理は結城浩さんが訳したこちらのページが詳しい

 モディさんはオンラインメディア「アルス・テクニカ」の電話取材に答え、「自分が作るパスワードが超安全という全体のコンセプトは、友だちは理解してくれないと思うけど、クールだと思う」と話している。

 もとをたどればモディさんの母親はジュリアン・グウィンさん。個人情報に詳しいジャーナリストで、自分が本を書くときの研究材料の1つとして娘に「ダイスウェア・パスワード」作りを手伝ってもらっていた。

 そのときモディさんが「パスワード販売」を思いつき、いまにいたるという話らしい。ちなみに記事によれば、いままでに30個ほどのパスワードを売っているという。なかなかいいおこづかい稼ぎになりそうだ。

 ちなみにモディさんがパスワードをおぼえていたら悪用される危険もある。モディさんはインタビュアーの質問に「心配されますが、わたしはパスワードを記憶できません。すべてコンピューターから廃棄しています」と答えていた。

 ところでパスワードで思い出すのは「最悪なパスワード」だ。

 アメリカのパスワード管理ソリューション会社スプラッシュデータが調査したところ「111111」「123456」「password」「qwerty」「baseball」などのあまりにも予測されやすいパスワードを設定している人はいまだに多かった。

 モディさんにパスワードをつくってもらうのもいいけれど、自分で25回ほどサイコロを振ってパスワードをつくるのもいいかもしれない。というかそもそも、予測されやすいパスワードを使用禁止にしたらいいのでは……。

写真:Ervins Strauhmanis

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking