2015年10月22日12時00分

資産管理をラクチンにする注目FinTech「Moneytree」がSFDCや3大メガバンクと提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 みなさん、こんにちは。週刊アスキー/ASCII.jp編集部の吉田でございます。さて、個人的にも愛用しているiOS専用の資産管理アプリである「Moneytree」が、新しい大きな一歩を踏み出すことになりましたよ。

 Moneytreeの開発元であるマネーツリー(株)はこのたび、みずほキャピタル(株)、三菱UFJキャピタル(株)、SMBCベンチャーキャピタル(株)という3大メガバンク系のベンチャーキャピタルと(株)セールスフォース・ドットコムからの出資を受けたことを発表しました。今回の出資にあたってのリードインベスターは、(株)セールスフォース・ドットコムとのこと。

 MoneytreeはこれまでC(コンシューマー)向けのアプリでしたが、直近のアップデートで加わった有料サービスの「Moneytree PRO」により、みずほ、三菱東京UFJ、三井住友などの法人口座を管理できるようになっていました。また、経費精算機能「Moneytree PLUS」も有料サービスとして用意されています。ベンチャーキャピタル側が最も注目しているのは、Moneytree本体や有料サービスよりも、Moneytreeのバックエンドで動いている「MT LINK」というプラットフォーム。

MT LINK

 Moneytreeは、オンラインバンキングやクレジットカード、ポイントカードのウェブサービスのIDやパスワードをユーザー自らがアプリに入力することで、アプリがそれぞれのウェブサービスにログインして情報を取得・分類してMoneytreeに表示するという仕組みです。MT LINKはこの仕組みを高いセキュリティー(TRUSTeマーク取得済み)のもとで提供するサービス。

 金融機関にこのMT LINKを開放することで、金融機関側のサービスにMoneytreeの一部機能を組み込んだりできるようです。具体的な事例は今後出てくるかと思いますが、例えば複数のクレジットカードの支払い明細を一画面に表示して指定口座にそのまま振り込むとか、提携しているポイントサービスを一覧してポイントの移行手続きを進めるとか、従来は複数のウェブサービスを利用する必要があった作業を集約できるようになります。

 マネーツリーによると、金融機関などにMT LINKをAPIレベルで開放はするが、自社でリリースするのは今後もMoneytreeだけで、出資企業向けのアプリを作る計画はないとのこと。

 なお、マネーツリーは10月21日に、日本アイ・ビー・エム(株)が提供するPaaSの「IBM Bluemix」とMT LINK とAPIで連携することを発表しているほか、弥生会計、アックスコンサルティングなどの会計アプリとの連携も果たしています。MT LINKの普及により、ネットを利用した金融サービスがさらに便利になることを期待したいところです。

■関連サイト
Moneytree

『Moneytree』
バージョン:1.11.1
価格:無料(PLUSサービスは月額600円もしくは年額6000円、PROサービスは月額960円または年額9800円)
(バージョンと価格は記事作成時のものです)
(c)Moneytree
※経費精算機能、レシート取り込み機能、Cloud Safe機能はPLUS/PROサービスのみ利用可能

AppStore アプリをダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!