2015年09月28日10時00分

Windows 10を新規で使うにはプリインストール機とアップグレード対象機どっちがおトク?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 Windows 10のアップグレード、みなさんはもう済ませたでしょうか? もちろんギークな方であれば即適用されているでしょうし、使っているソフトや機材の関係上、踏みとどまっている方もいると思います。

Windows 10
↑Windows 10、アップグレードで手に入れるか? それともプリインモデルの購入で手に入れるか?

 そんな中、Windows 10プリインストールPCも各社から続々と登場しています。NECは超軽量の『LAVIE Hybrid ZERO』や液晶一体型の『LAVIE Desk All-in-one』などのWindows 10プリインストール版を発表。また、VAIOのように新モデルはないものの、既存機種のWindows 10アップデートサポートを行っている会社もあります。

 そこで気になるのは、果たしてWindows 8/8.1などから10にアップグレードできるモデル(無償アップグレードは2016年7月28日まで)と、Windows 10がプリインストールされているモデル、どちらがお買い得かということ。

たとえばVAIOの場合

Windows 10

 前述のとおり、記事作成時VAIOはWindows 10をプリインストールしたモデルは販売しておらず、順次サポート対象の機器について公開しています。たとえば、既にWindows 10のサポートがされている(Windows 8.1プリインストールモデルに限る)最新モデルの『VAIO Pro 13 | mk2』の場合は、最低構成が11万7806円(直販価格)、7月28日までなら追加料金なしでアップデートできます。

 最小スペックはCPUがCore i3-5005Uで、4GBメモリー、128GB SSD搭載と、Officeファイルの編集やメール、インターネット閲覧など、ビジネス用途には十分満足できるものと言えるでしょう。

たとえばNECの場合

Windows 10

 そして、NECの最新モデルはWindows 10対応機をラインアップ。たとえばWindows 10搭載『LAVIE Direct HZ [Hybrid ZERO](HZ750/CAB)』の場合は、直販価格で15万7464円から。Windows 8/8.1搭載で夏モデル(HZ750/BAB)は15万6384円から。

 約1000円ほど最新モデルのほうが高く、スペックはほぼ同等。CPUはCore i7-5500U、メモリーは8GB、ストレージは128GB SSDとなっています。そうなると「ちょっとでも安く買うならキチンとサポートもされている夏モデルでもいいかな」という気になるのですが、同社の直販サイト“NEC Direct”では、10月8日まで“Windows 10 発売開始記念キャンペーン ”を実施。クーポン利用で、USB3.0対応メモリーやエアダスターといった計7種類のPCサプライが実質無料になるほか、Windows 10 Proへのアップグレーが半額、大容量のSSDが値引きされるなどの特典が用意されています。

Windows 10

 すべての販売店やメーカーで同等の内容が実施されているわけではありませんが、このように期間限定のキャンペーンをうまく活用すればWindows 10を安心して使えるプリインストールモデルがおトクに手に入るかもしれません。予算や必要なスペックに応じて調べてみるのも手と言えますね。

●関連サイト
NEC Direct該当キャンペーンページ
VAIO Windows 10サポートページ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking