2015年09月07日08時00分

Excel 2013|グラフエリアの“グラフ要素”を追加・削除してグラフを加工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

  今回のテーマは、グラフのガイドになる“グラフ要素”。各要素にラベルを表示するなどわかりやすさがアップ。軸の名前や、色の意味(凡例)を活用して、わかりやすいグラフを作ろう。

excel2013

グラフエリアに
ラベルなど要素を追加

  “おすすめグラフ”で、手軽にグラフを作成できるようになったエクセル2013だが、作ったままの状態では、各項目のラベルやグラフの内訳に対応した凡例表示がないなど、わかりにくいことも多い。そこで、軸ラベルやデータラベルなどグラフに必要な要素を追加して見やすさをアップしてみよう。

excel2013
↑グラフを作成した直後。軸タイトルやグラフが色分けされたり、軸に数値が表示されているが、ラベルや凡例がないため、作成したグラフの関係性や内訳がわかりにくい。
excel2013
↑グラフタイトルを追加して、縦軸・横軸のラベル、データラベルを表示。また、凡例がタイトル下に追加され、グラフの内訳がわかるようになっている。

タイトルや軸ラベルで
グラフをわかりやすく

 グラフエリアの右端に表示される“グラフ要素”アイコンを選択するとメニューが展開。グラフタイトルや軸ラベル、凡例など、グラフエリアに表示されている要素の追加や削除ができる仕組みだ。各要素を手早く追加したり削除したりできて便利。

Step1
“グラフボタン”を選択

excel2013
↑グラフエリアを選択すると3つの“グラフボタン”が表示される。一番上の“グラフ要素”アイコンを選ぶと……。


Step2
グラフエリアに要素を追加

excel2013
↑吹き出し状のメニューが表示さるので、“グラフタイトル”をチェックするとグラフエリアにタイトル欄を追加できる。


Step3
チェックするだけで項目を追加

excel2013
↑“軸ラベル”は縦軸・横軸のラベルを追加。チェックを外せば、項目が削除され、グラフサイズが自動調整される。


Step4
追加する項目の場所を変更

excel2013
↑“凡例”をチェックすると、グラフエリアの右端に追加される。表示する場所を変更したい場合には……。


Step5
サブメニューから配置を選ぶ

excel2013
↑“凡例”項目の右側の“ ▲”を選択すると、サブメニューが展開。メニューから配置を選ぶと表示場所が変わる。

※Excel2013の便利な使い方や操作を解説した『エクセル道場』は、電子版週刊アスキーにて連載中!

 

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!