2015年08月22日11時00分

漫画家がマンガを描けなくなる理由 なぜ父は『ど根性ガエル』を描けなくなった?:『ど根性ガエルの娘』第4話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ど根性ガエルの娘

 週刊アスキー(本サイト)にて好評連載中。『ど根性ガエル』大ヒットの裏にあった家族の実話『ど根性ガエルの娘』、第4話です。最新話はこちらからどうぞ!
『ど根性ガエル』を描いた父は、なぜマンガが描けなくなったのか―― 


『ど根性ガエルの娘』第4話


『ど根性ガエルの娘』第4話


『ど根性ガエルの娘』第4話


『ど根性ガエルの娘』第4話


『ど根性ガエルの娘』第4話

続きは、週刊アスキー電子版または単行本『ど根性ガエルの娘』第1巻をご覧ください。次回『ど根性ガエルの娘』番外編はこちらです!

大月悠祐子(おおつき・ゆうこ)
漫画家、旧ペンネームはかなん。2001年ごろより、ブロッコリーの「ギャラクシーエンジェル」シリーズのキャラクター原案、およびコミック版の作画を担当。2011年~2012年に電撃大王ジェネシスで連載された偏愛オムニバス『妄想少年観測少女』では、男女の恋愛の機微を鮮烈に描く新たな一面を発揮し、注目を集めた。

関連書籍情報

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!