2015年08月19日22時00分

「開発するのはあなた」Makersを刺激しまくったIntel基調講演:IDF15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 どもどもジサトライッペイです。僕は今、米国サンフランシスコで開催中のIntel Developer Forum 2015(IDF15)に来ております。今回は基調講演の模様をレポートします。

Intel

 基調講演ではCEOのBrian Krzanich(ブライアン・クルザニッチ)氏が登壇し、今後のIntelの方向性をスピーチしました。去年は各事業部の副社長が次々と登場する演出でしたが、今年はブライアン氏のワンマンショーになってたのが印象的でした。

Intel

 今年のテーマは“DEVELOPED BY YOU”。直訳すると“あなたが開発したもの”、転じて“開発するのはあなた”ということのように思えます。このほか、“WHAT WILL YOU DEVELOP?”というメッセージがあり、とにかくみんなでなにか新しいものを開発しよう、というノリを全面に押し出した基調講演でした。ここ数年のIDFでは、基調講演では新しいCPUのお披露目などがメインでしたが、ここにきて本来の開発者会議らしい内容になった印象です。

Intel

 ブライアン氏は基調講演の中でキーとなる3つのテーマを中心にさまざまなデモを披露しました。3つのテーマとは、

1)SENSIFICATION
2)SMART AND CONNECTED
3)EXTENESION OF YOU

です。SENSIFICATIONとは、センサーを使った作業のことで、主に声認識やジェスチャー操作を指しますが、もちろんタッチセンサーも含みます。

Intel

 IntelとMicrosoftが開発した“WAKE-ON-VOICE”では、Windows 10のCortanaを使ったPC起動を披露しました。さらには、ブラウジングや動画再生なども音声だけで操作し、僕は「Hey,Cortana!早く日本でも使えるようになってよ!」と叫びたい気持ちでいっぱいでした。

Intel

 IntelとGoogleが開発した音の遅延を減らす技術デモでは、Kitkatタブレットに表示された鍵盤ではタッチした瞬間より音がわずかに遅れ、Lollipopタブレットでは遅延がほぼない、というところを見せようという試みでしたが、この日はKitkatタブレットの調子が悪いのか音が遅れるどころか全然音が出ず、ブライアン氏がおどけておりました。

Intel

 センサーと言えば、Intelではもはやおなじみの“RealSense”。今回はスマートフォン用のRealSenseをお披露目しました。

Intel

 背面にRealSenseカメラを搭載した試作機も披露され、壇上に設けられた部屋をリアルタイムにスキャンして、3Dオブジェクト化するデモが行なわれました。

Intel

 RealSenseはタブレットやPCでの搭載実績があり、いよいよスマホでも、という段階ですが、ドローンやロボットに搭載した事例も紹介されました。中でも注目したいのはこのTHE VIRTUAL BUTLERです。

Intel

 THE VIRTUAL BUTLERはホテルなどでの利用が考えられており、飲み物や袋菓子などをトップのボックスに入れて、部屋番号を指定すれば自動でその部屋にルームサービスのように持っていく超便利ロボットです。自動走行中でもオブジェクトをリアルタイム認識して人などにぶつからないのはRealSenseのおかげ、というわけです。

Intel

 また、RealSenseはゲームでも活用できます。iRACINGとVRXが開発したレースゲームはRealSenseをプレイ中の人に向けて、ハンドル操作などをリアルタイムにプレイ中の画面にビジュアルとして反映します。ちなみに、このとき使ったパソコンは第6世代Coreを搭載していますが、本当にさらっとした紹介でした。

Intel

 ゲームデモではRAZERが開発したRealSenseカメラも紹介しました。

Intel

 リアルタイムでプレイヤーを認識し、背景を自動トリミングしてプレイ画面の右下に表示しています。ゲーム実況とかすると楽しそうですね。

Intel

 SENSIFICATIONが長くなりましたが、お次はSMART AND CONNECTEDです。事例としてまず紹介したのはMEMOMIです。

Intel

 MEMOMIの鏡はショッピングに活用でき、服の色をリアルタイムに変えたり、試着した服を着て回転するなどの動作を動画に撮ってシェアしたり、さっき試した色と比較したりとさまざまなことが行なえます。

Intel

 ジェスチャー操作で購入できるN&Wの自動販売機のデモも披露されました。この自動販売機はスクリーンに映像を透過させることもでき、商品のCMなどを流して販促することも可能です。ネットワークでつながり、その製品の最新のCMを流す、までが“SMART AND CONNECTED”というわけですね。

Intel

 最後はEXTENSION OF YOU。FOSSIL GROUPのGREG MCKELVEY氏がゲストで登場し、おしゃれなAndroid Wearを紹介しました。

Intel

 ブライアン氏は去年からウェアラブルデバイスは無骨なものではなく、ファッション性が重要だと説いてきましたが、この連携は今後も続くのでしょう。

Intel

 そして、ウェアラブルデバイスなど、小型な端末に欠かせない存在が超スモールコンピューター“Curie”です。

Intel

 CurieはIntel Quark SoCにBluetooth Low-energy radio、センサー群、バッテリーチャージング機能が備わっているモジュールです。スポーツやフィットネス、ファッションなどあらゆるアイテムに内蔵できる可能性を秘めています。

Intel

 会場ではBMXに取り付けて、トリックの判定に使うデモを披露しました。フリップ時の回転や滞空時間、高さの測定などをCurieで行なうというわけです。

Intel

 さまざまなメーカーやMakersのデモを紹介した上で、さらにもっとさまざまな人に開発してもらうための施策もIntelは紹介しました。それが、こちらのAMERICA'S GREATEST MAKERSです。米国のさまざまなオーディション系のTVショーをてがけるMark Burnett氏とコラボして、Makers向けのCurieを用いたコンテストを行なうと発表しました。賞金は100万ドルだそうです。これを機に、という人はアメリカンドリームのチャンスですぞ。

Intel

 基調講演では、最後に2つの未来の技術を紹介しました。ひとつ目はホログラフィックディスプレイです。タッチするとどうしても指紋汚れなどが気になるところですが、空中に表示されたUIを指の位置認識で補足する方法なら液晶面に触れずとも操作できるのでスマートですね。

Intel

 もうひとつは、“3D XPOINT”です。これは従来のフラッシュストレージに置き換わる超高速ストレージです。立体的な構造となる、Cross point architectureを採用しています。

 

Intel

 IntelはこれをINTEL OPTANE TECHNOLOGYと呼び、ストレージだけではなくメモリーも展開すると発表しました。

Intel

 SSDの初期サンプルでデモを披露しましたが、NANDフラッシュストレージ(Intel SSD DC P3700)と比べて7倍高速になっています。2016年初めには提供される予定とのことで、今から楽しみです。

■関連サイト
IDF15

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp