2015年08月05日10時30分

マジで2万円!?破壊的価格の Windows 10ノート『Cloudbook』が8月発売(ただし国内未発表)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
破壊的安さ169ドル!(2万円) Windows 10ノート Cloudbookは買いか?

 Netbookの再来?いやいや、Chromebookキラーでしょう、これは。
 アメリカでは若年層向けにChrome OSを搭載したノートPCが150〜250ドルで売られていて、家電量販店では専用の販売コーナーがつくられるほど知名度があります。
 正直、Google世代の人たちや大学生にとっては、OfficeはGoogle Docsでいいし、メールはGmailしか使わないし、YouTubeだってこれで見られちゃうし、ということなわけですよ。 

 でも同じ価格でWindows10入りのマトモなノートが買えたら?僕ならこっちを買っちゃうな。

 Acerが8月4日(現地時間)発表した『Aspire One Cloudbook』は、まさにこのChromebookの市場を狙った破壊的価格のモバイルノート。まず価格ですが、1.15kgの11インチモデルが169ドル(約2万円)、1.6kgの14インチモデルが199ドル(約2万4000円)。安い。

破壊的安さ169ドル!(2万円) Windows 10ノート Cloudbookは買いか?
破壊的安さ169ドル!(2万円) Windows 10ノート Cloudbookは買いか?

 気になる性能は、ストレージが32GB or 64GB(eMMC)、メモリーが2GBと少なめですが、結構まともです。CPUは”the latest”(最新の)Celeronだし、無線は802.11acだし、さらにこの価格でOffice365 Personalと1TBのOneDriveサブスクリプションも付属します。本体の厚さは17.9mm。
 ガジェット好きにとってうれしいのは、ファンレスで動作するって部分も「お、やるじゃない」と嬉しくなる部分。

 エイサーは「Cloudbookシリーズはオンライン志向で軽量で、完璧にWindowsが動くマシンを探している人に最適な答え」と語ってます。要するに、ChromebookでWindowsが動いたら……と思ってた人に完璧な答えってことです。

 北米市場への登場は、まずCloudbook 11が8月中に169ドルで出荷開始、続いてCloudbook 14が9月に199ドルで登場する予定。
 日本国内発表は未定ですが、これが国内にも登場したら、格安ノートPC市場にちょっと波乱を巻き起こしそうです。 

●関連サイト
Made for the Cloud: Acer Introduces Aspire One Cloudbook Powered by Windows 10 - Acer US

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!