2015年08月03日15時30分

高橋名人が誕生秘話を語る 衰えぬ連射にファミコン世代が感涙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 16連射。当時のファミコン少年たちに絶大な人気をほこった、高橋名人こと高橋利幸氏は今、MAGES.に所属するかたわら、ドキドキグルーヴワークスというゲーム関連会社を起業し、ベンチャーの代表取締役“名人”を務めている。起業の理由はお世話になったゲーム業界への恩返しと、若者のために仕事をつくることだと語る。

 そんな高橋名人がゲストとして参加した、サムライインキュベートとさくらインターネットによるイベント“Startup Japan Tour 2015 in Kyoto”が、2015年8月2日に京都リサーチパークで行なわれた。基調講演では、高橋名人が自身のエピソードをスタートアップへのメッセージとして送った。

Startup Japan Tour 2015 in Kyoto

若いうちに失敗をしろ

「今の若者は失敗をしないことを前提に計画を立てる。若いうちは失敗しないとダメ、若いうちに失敗するから、失敗しない知恵がつく。小さな失敗はフォローしてくれる先輩がいる。考えなしはダメだが、失敗はどんどんすればいい。そうしないと、いつかどこかで大きな失敗をする」と、この日集まった若いスタートアップの経営者、また起業を目指している参加者たちに語った。

名人誕生のエピソード

 PC向けソフトウェアを開発していたハドソンが初のサードパーティーとしてファミコンに参入したのが84年のこと。『ロードランナー』は130万本を超える大ヒットとなった。『バンゲリングベイ』は、社内的には非常に盛り上がったが失敗した。それ以外にも、社内が盛り上がるゲームはあったが、出してみると失敗。「第3者的に冷静でみる人が必要」と名人は語る。

 転機が訪れたのは『チャンピオンシップロードランナー』、小学生には難しいゲームだった。「子供がどういう顔をしているか見てみたい」と、コロコロコミックとともに、全国60ヵ所のファミコンキャラバンを立ち上げた。ラジオ体操の先生みたいにデモンストレーターが必要だろうと、ハドソンのファミコン宣伝担当として、予算はまったくないなかで生まれたのが“高橋名人”だった。

 全国60ヵ所、大勢の子供が参加する。怪我人が出たら中止なので、安全、確実にやるしかない。夏休みだけで3万人。大成功だった。

Startup Japan Tour 2015 in Kyoto

お母さんの前で生まれたゲームは1日1時間という標語

 当時、各ゲームメーカーに名人がいた中、高橋名人がほかの名人と違った点は、「ゲームは1日1時間」という標語で、“お母さん”たちから受け入れられたのが大きかったという。子供はゲームにはまるのは当然、あとはお母さんにファミコンを捨てられるか、ACアダプターを隠されるか。誰もが経験したことがあるだろう。

 キャラバンでは子供の後ろにその母親たちが並んでいた。その中で、「ゲームは1日1時間と言ったら、お母さん方がうんうんとうなずいていた」。しかし、ゲームメーカーとして、ゲームで遊ぶなというのはなんたることか。役員会で議題にあがったが、これはメーカーとして、子供たちへのメッセージとして言っていこうと、ハドソンが決めてくれた。ゲームばかりではなく、外でも遊ぶ、勉強もすると高橋名人が言うと、お母さんを味方につけたことにより逆にゲームを買ってもらえるようになった。

「ゲームは一日一時間」
「外で遊ぼう元気良く」
「僕らの仕事はもちろん勉強」
「成績上がればゲームも楽しい」
「僕らは未来の社会人!」

 以上のメッセージを子供たちに発信していった。

今だ衰えぬ連射の腕と、眼力がすごい

 基調講演では、代名詞ともいえる“連射”のデモンストレーションが行なわれた。27歳の時にたてた10秒間174回の最高記録から、56歳になり、今は12連射ほどだという。それでも高橋名人はすごい!という姿を来場者の前で披露。高橋名人への挑戦者として、2名が参加したのだが、連射をしている横で高橋名人が「80くらい」というと、ぴったり80回、「100くらい」というと102回でぴったりと言い当てた。これには会場にどよめきが巻き起こった。

Startup Japan Tour 2015 in Kyoto

 そして自身も124回で、1秒間に12連射と未だに衰えぬ腕と眼力を見せてくれた。今はふり幅が4ミリくらい空いているが、当時はふり幅が1ミリか2ミリで反発して当てていたという。

Startup Japan Tour 2015 in Kyoto

 筆者も含めて、ファミコン世代には感涙ものの話とデモだったが、若いスタートアップ世代また起業者、これから起業を目指すこの日集まった方々でも、高橋名人の経験から得ることが多かったのではないだろうか。ファミコンが生まれた任天堂の地・京都にて最高の基調講演だった。

■関連サイト
Startup Japan Tour 2015

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp