2015年07月30日17時30分

LINE、Google Chrome版アプリ登場!メモ機能、キャプチャー機能が独自搭載

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

LINEのGoogle Chrome向けウェブアプリが登場!

LINE、Google Chrome版アプリ

 LINEのGoogle Chrome向けウェブアプリが新しく公開されました。

 利用の開始には、ChromeウェブストアからLINEを追加し、ログイン。スマホ版のLINEを介しての認証があります。

LINE、Google Chrome版アプリ
ChromeウェブストアからINEを追加に。
LINE、Google Chrome版アプリ
スマホ版のLINEに4ケタの認証用番号が届きます。

 LINEのPC版アプリは、Windows版、Mac版がありますが、複数のPCで利用したい場合は、それぞれでLINEアプリをダウンロードする必要があります。Google Chrome版では 同一のGoogleアカウントを利用すれば、追加インストール不要で複数デバイスからChrome版のLINEにアクセス・利用できるのがお手軽です。

独自機能としてメモやスクリーンキャプチャー

 

LINE、Google Chrome版アプリ

 Chrome版LINEには、独自機能として“メモ”機能が搭載されています。
 メモ機能では、自分用にテキストや画像を整理して友だちにトークするような感覚で送信して保存が可能です。内容はChrome版のLINEで共有されるので、違う端末からも閲覧でいます。
 ただし、スマホ版のLINEやWindows版、Mac版のLINEにはメモが共有されません。

LINE、Google Chrome版アプリ

 また、スクリーンキャプチャーの撮影および送信機能がされています。
 トーク画面下、一番右端のボタンを押すと、範囲を選択してスクリーンキャプチャーの撮影できます。スクリーンキャプチャーの画像はそのままトークで送信することもできるし、端末に保存してもオーケー。

 

LINE、Google Chrome版アプリ
スクリーンキャプチャーの機能。
LINE、Google Chrome版アプリ
範囲を設定して画面を保存できる。

 画像は最大1GBまで送信可能。音声・ビデオ通話機能やタイムライン機能は非対応となっているため、利用したい場合にはPC版LINEのアプリを活用すればよいでしょう。

 

関連サイト

LINE、Google Chrome向けウェブアプリを公開 | LINE Corporation | ニュース

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking