2015年07月27日08時00分

Excel 2013|表の途中で切れたりしない!印刷範囲をスムーズに調整する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 エクセルで大きな表を印刷するときは、1枚の紙に収まる範囲が思い通りにいかないことがある。そんなときは“改ページプレビュー”や“ページレイアウト”モードを利用してレイアウトを素早く調整しよう。

excel2013

表示モードを替えて
レイアウトを調整

 エクセルで名簿を作成したり、書類を作成したりする場合、めんどうなのが印刷時の調整だ。余白やセルサイズを調整するだけでは、うまくページ内に収められない場合も多い。
 そこで活用したいのが表示モードの変更だ。“改ページプレビュー”モードでは、改ページの区切り位置を調整したり、追加・削除したりでき、名簿などを印刷する場合に便利。また“ページレイアウト”モードでは、印刷時のイメージを確認しながら編集作業も可能。定型書類を作成するのに重宝するだろう。

excel2013
↑リボンの表示タブの左端にあるのが表示モードの切り替えボタン。
excel2013
↑改ページプレビューモードでは、ブルーのラインでページの区切りが表示。ユーザーが任意に調整可能だ。
excel2013
↑一方のページレイアウトモードは、印刷する場合、用紙に収まる範囲を確認できる。そのまま編集もオーケー。

狙った場所に
改ページ設定を配置

 改ページプレビューでは、ページの区切り位置を確認できるほか、ラインをドラッグすることで、カンタンに区切り位置を変更することが可能だ。もちろん、ページ区切り位置の追加や削除なども可能となっており、ユーザーが意図した場所に、改ページの設定を配置できるのだ。

Step1
表示を改ページプレビューモードに変更

excel2013
↑まずは“表示”タブを選択して、リボンのメニューに切り替える。
excel2013
↑リボンの“ブックの表示”項目にある“改ページプレビュー”を選ぶ。
excel2013
↑ワークシートの表示モードが変更。ブルーのラインでページの区切り位置が表示され、中央にはページ数が出現する。

Step2
ページに印刷する範囲をマウス操作で調整

excel2013
↑ブルーの点線は標準状態のページ区切り位置。点線を選択して、そのままドラッグすることで、区切り位置の変更ができる。
excel2013
↑マウスのボタンを離すと、ページ区切り位置の変更が確定される。ユーザーが意図した場所で印刷範囲を調整できて便利。

Step3
改ページの区切り位置を新規に追加

excel2013
↑改ページ位置を追加する場合は“ページレイアウト”に切り替える。
excel2013
↑“ページ設定”項目の“改ページ”で“改ページの挿入”を選択。
excel2013
↑新たなページの区切り位置を8行目の後ろに追加。追加前は3ページで印刷できたが、追加後は6ページになることがわかる。

Step4
不要なページの区切り位置設定を削除

excel2013
↑区切り位置を示すブルーのラインに隣接しているセルを選択する。
excel2013
↑リボンの“改ページ”を選択して“改ページの解除”を選択する。
excel2013
↑改ページを示すブルーのラインが消え、改ページ設定が解除される。意図しない改ページがある場合は、あらかじめ削除。

Step5
すべての改ページをまとめて一気に削除

excel2013
↑まとめて“改ページ”の区切り位置を削除する場合は“改ページ”メニューで“すべての改ページを解除”を選択する。
excel2013
↑シート上に設定されたページ区切りがすべて消え、標準状態に戻る。ブルーのラインに隣接しているセル以外でも使える。
excel2013

※Excel2013の便利な使い方や操作を解説した『エクセル道場』は、電子版週刊アスキーにて連載中!

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp