2015年07月22日07時00分

「LINEのQRコードを送って」はヤバイ!もし拡散されたときの対応は?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

LINEを安心・安全に使いこなすために

 

LINEのQRコードが出回ってしまった
いつの間にかLINEのプライバシーが漏れていた、ということがないように。

 LINEの“知り合いかも?”に表示された人を「誰だっけ?」と首をかしげつつも友だち登録したことはありませんか?
 結果として知り合いなら問題ありませんが、知らない人とつながってしまった場合は“LINE ID”や“QRコード”といったあなたのLINEの連絡先が、意図しないうちに掲示板やSNSなどに出回っているケースも考えられます。

18歳未満も気軽に利用できるLINEのQRコード

 LINEで友だち登録するときに活用されるのが“LINE ID”や“QRコード”。IDとなる文字列を相手に伝えればLINEの連絡先を交換できる“LINE ID”に関しては、携帯電話キャリアとの連携で18歳未満は設定およびID検索の利用が制限されているため、今回は18歳未満が利用する頻度が高い“QRコード”についてお話しします。

LINEのQRコードが出回ってしまった
18歳未満でも利用できるLINEの“QRコード”。画像を添付することで対面しない相手とのLINE交換にも有効。

 “QRコード”は、一方のスマホにコード画面を表示して、もう一方のスマホでそれを読み取る連絡先交換方法で、相手と実際に対面している時に便利な手段です。加えて、このQRコードの画面を添付することで、対面しない相手にもLINEの連絡先を送れるため、LINE IDに近い利用の仕方もできます。

「LINEのQRコードを送って」は要注意

 TwitterのDMなどで「LINEのQRコードを送って!」と、お願いされることがあるかもしれません。
 相手が知り合いでLINEの連絡先を交換しても良いという場合は考えなしに応じてしまいそうですが、ここでちょっとストップ。一度送ったQRコードの画面はその後どうなると思いますか?

 QRコードは表示するごとに新しく生成されていると勘違いしている人もいるかもしれませんが、LINEのQRコードは基本的に継続されます。つまり、一度連絡先交換に利用したその画面がもし意図せず出回ってしまったら、そのリンクは生き続け継続的に自分のLINE連絡先が晒されてしまいます。

 もし、自分のQRコードを意図しない場所に送ってしまったと不安になった場合、やるべき手段はひとつです。

不安になったらQRコードを更新しよう

LINEのQRコードが出回ってしまった

 QRコードは、LINEの設定から更新することが可能です。

LINEのQRコードが出回ってしまった

“設定”→“プライバシー管理”→“QRコード更新”

LINEのQRコードが出回ってしまった

 QRコードが更新されれば、更新前のQRコードはリンクが切れるため、読み取ってもあなたのLINEは検索されないようになります。もし、不本意にLINEのQRコードが出回ってしまったら、必ずコードを更新するようにしましょう。

LINEのQRコードが出回ってしまった

 簡単な作業で外に出してしまったQRコードを無効にできるので、何かあったときのために知っておきたい方法です。
 ID、QRコードの交換はくれぐれも慎重に!

関連サイト

LINE公式ブログ

~ナベコ、Facebookページはじめました~
この記事を書いたナベコです!よかったらFacebookページをのぞいてください。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking