2015年07月22日10時00分

iPhoneやAndroidからBlackBerryに乗り換えたくなる10の理由:週間リスキー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

※週間リスキーはアックン・オッペンハイマー率いるやんちゃデジタル野郎どもが地下の倉庫の隣の部屋からお送りする、ちょっとしつこい感じのコーナーです。

──スマホとオナホが大好きな童貞王子ことモバイルプリンスの中の人よりご寄稿いただきました。ご意見、苦情、COOL TENGAの譲与などは直接王国広報へおながいします。

 先日、週アスにこんな記事が掲載されていましたね。

 AndroidからiPhoneに今すぐ乗り換えたくなる10の理由! ツートップユーザーは必見

 ちょと待ってちょと待ってヒロさん! いくら元MacPeople編集長だからって、若干炎上してたじゃないですか!そして完全に第3のプラットフォームは無視っすか!そりゃあ話題に事欠かないスマホ業界において、ずっと厳しすぎるニュースしかないBlackBerryですけれど、もう今しかないと思うんですよね、いろんな意味で。

 私ならiPhoneやAndroidユーザーがBlackBerryに乗り換えたくなる10の理由をお伝えできると思い、勃ち上がりました。いいです、もうここで離れていく人は……。

その1:上質で個性的なデザイン!

Ph_RISCII-Blackberry_800pix
↑一目瞭然なことこそ、BlackBerryの魅力。

 キーボードむき出しのBlackBerryは、2015年現在、完全に孤高の存在となりました。オールドスタイルではありますが、フルタッチパネルでほとんど代わり映えしないiPhoneやAndroidと比較すると、逆に新鮮でワクワクしません?

Ph_RISCII-Blackberry_800pix
↑リアも独自のイボイボ加工で落ち着いた印象に。
Ph_RISCII-Blackberry_800pix
↑カメラ周りには“CLASSIC”のロゴが。その名の通り、BlackBerryらしいClassicデザイン。
Ph_RISCII-Blackberry_800pix
↑バンパーはアルミ。ブラックカラーとの対比がいい。

 私が使用しているのはBlackBerry Classicなのですが、細部に至るつくりもしっかりしていてキーボード以外のディテールも凄く気に入りました。「大人の上質スマホ」と言った感じで、所有欲満たされます。

その2:会話のネタになる!

 おそらく日本でのシェアが1%を切っているであろうBlackBerryは、使っているだけでネタになります。女性ウケもよく「珍しいスマホ使っていますね」と会話イベントに発生することもしばしば。

 そこで、「昔はオバマ大統領やレディガガなどのセレブも使っていたのさ」「カナダの会社で、リサーチ・イン・モーションという社名だったけど、BlackBerryに社名変更したんだよ」などのウンチク話を挟み込めば、会話が気まずい相手でも大丈夫かも。

 そして帰国子女や留学経験のある女性だとウケはなおよし。「あー、BlackBerry使っているんだー。コレまだ売っているのー?」と必ず聞かれ、会話は確実に盛り上がります。最終的に「俺がパンツから買って、設定も全部してあげようか?」とドヤればかなり親しい関係になれるかも。

※パンツで買う→海外スマートフォンの通販サイト、EXPANSYSのこと。

その3:キーボード入力が心地いい!

Ph_RISCII-Blackberry_800pix
↑iPhoneやAndroidのフリック入力もかなり快適ですが、ハードキーを押す気持ちよさは格別です。

 BlackBerryをあえて使ういちばんの理由はこれ。キーそのものは小さいのですが、絶妙な凹凸で慣れるとかなり高速で入力が可能。私の場合、スマホでメールやメッセージを受信すると「あとでキー入力が快適なPCで返事しよう」とついつい後回しにしておりましたが、BlackBerryの場合は「よし今これでポチポチと返そう」とレスが早くなりました。文字入力が楽しくなるだけでフットワークが軽くなるので、仕事や人間関係もよくなるような気がします。

 なお、BlackBerry OS10の日本語変換はかなりおバカで、ハードキーで稼いだスピードを完全に殺します。辞書登録を活用するなどユーザーで育てる姿勢が大事です。この手間を掛けて自分用にカスタムしていくのも、また楽しい人には楽しいハズ。

その4:キーボードショートカットがかなり便利!

Ph_RISCII-Blackberry_800pix
↑キー長押しで特定のアプリケーションを立ち上げたり、短縮ダイヤルの登録も可。

 BlackBerryのキーボードは、文字入力だけでなく、各種ショートカットにも対応。私の場合は“T”長押しでTwitter起動、“F”はFacebook、“L”はLINEと言った具合に、よく使うアプリの頭文字をショートカットに設定。また、家族や取引先など、よく発信する番号もイニシャルでショートカット登録するとホーム画面からワンタッチで電話がかけられて、かなり便利なんです。

Ph_RISCII-Blackberry_800pix
↑キーひとつひとつにショートカットを割り当てられる。

 Androidスマートフォンでもウィジェットやショートカットをホーム画面に貼り付けることはできますが、BlackBerryは画面がゴチャゴチャしないのがうれしいところ。まさに自分のためだけの環境を構築できるんです。

その5:価格がわりと安い!

 BalckBerryは割と安いのも魅力。私が使っているBlackBerry Classicは、EXPANSYSジャパンでの実売価格が約4万円。前モデルのBlackBerry Q10は約2万3000円です。AndroidのハイエンドやiPhoneなどは7万~10万円のですので、ざっくりと半額。

 もちろんスペックが全然違うので、それだけで「BlackBerryは安い!」と断言するのは乱暴ですが、少なくともBlackBerry ClassicもBlackberry Q10も価格以上の質感で、なおかつ前述したような会話のネタにもなるので、トータルで考えるとわりと安いと言えます。

その6:仕事している感が出る

 早くも小粒になってきましたが粘ります。BlackBerryの“ビジネス用途”イメージと“キーボード”が相まって、普通に触っているだけなのに“バリバリ仕事している感”が出ます。iPhoneやAndroidなら、普通に触っているだけでも「ゲームしているの?」と疑われるシチュエーションでも、BlackBerryなら「お、仕事のメールしているんだな」と思われる可能性が高く、大人としての威厳が保てます。

 通話も然りで、たとえばケータイのプラン変更を電話でしているだけでも、ドデカイ商談をしているような印象を与えることができます。そういう意味では新社会人が街中で使えば、デキル若手のイメージを構築でき、なおのこといいかもしれません。

その7:発展途上を楽しめる

 ここまで褒めに褒めてきましたが、実際使うと“なんじゃコレ?”と思うような、完成度の低さを感じることが多々あります。たとえば、フォントは基本的に中華フォントですし、アプリストアも驚くほど種類が少ないです。

Ph_RISCII-Blackberry_800pix
↑正直、激萎えしますが、日本未発売端末を使っている感、スゴイです。

 BlackBerry OS10より、Amazonアプリストアからアプリをインストールすることも可能になりましたが、きちんと動かないアプリも多く、ネットで情報を漁りながら試行錯誤することになります。こうした苦労、成功したときの喜び、そしてアングラ感は、今のiPhoneやAndroidでは味わうことのできない感覚で、懐かしくもあります。言うなれば、年の離れた赤ちゃんを授かり「あぁ上の子も乳児のころはこんな感じだったね」となる、あの感じです。また、アップデートへの期待、便利な使い方を探すワクワク、今が旬な時期なのでぜひ使うべきでしょう。

その8:iPhoneやAndroidの完成度の高さを実感できる

 絞り出してませんよ、余裕で10あります。先ほどと逆の目線ですが、BlackBerryを使うことでiPhoneやAndroidの完成度の高さ、よさを実感することができます。アプリの充実度、動作の安定性などなど。これは年の離れた弟が生まれたことで「あぁ上の子はやっぱりお兄ちゃんだ」と実感するあの感じです。

 BlackBerryを使うと「iPhoneとAndroidどっちがいいだって?両方素晴らしいわ!」となんだか平和な気持ちになります。タイトルで“乗り換える”と書いておりますが、最終的には3台使えばいいと思います。

その9:ケータイショップで店長クラスの人が出てくる

 ケータイショップで少しマイナーな手続きをする方(たとえばSIMロック解除とか)は、担当が研修生に当たるとさぁ大変。コチラの要望がうまく伝わらなかったり、サポートに長時間電話したり……。そうなるとお互いに損します。

 そんな時にBlackBerryをチラッと見せると“あ、この人はアレな人だ”と店長やそれに準ずる詳しいスタッフと変わることが多いです。“この紋所が目に入らぬか”と言わんばかりにBlackBerryを取り出せば、応対がスムーズです。似た活用方法で、家電量販店でスマホを見ているだけなのに近づいてくるスタッフを退けさせる“魔除け”にもなります。BlackBerryを持ちながら機種を見ていると話しかけられない確率が高くなる気がします。

 このようにBlackBerryはマイナーさ故に、持っているだけで効果的な場面が多いのも特徴です。

その10:ゲームなどが充実していないから時間を奪われない

 とにかくアプリが少ないBlackBerry。ゲームやニュースアプリの種類が少なく、もう最初から探すのを諦めるレベルです。その結果“隙間時間をスマホに奪われる”あの現象から解消されます。そう、スマホを触る時間が劇的に短くなるのです。

 たとえば、Facbookも使うことはできますが、読み込み速度、画面サイズからとても快適とはいえないので、結果見るのを諦めます。スマホ中毒で四六時中スマホを触っている現代人が、少しスマホから離れるにはBlackBerryがちょうどいいのではないでしょうか。

Ph_RISCII-Blackberry_800pix

 いじょ。いかがだったでしょう? “iPhone対Android”より違いは明確。BlackBerryは、いつ新機種の発売が途絶えるかもわからないので、元気なうちに触って貴重な時間を共に過ごしておくことを強くオススメいたします。

●関連サイト
EXPANSYSジャパン

海外版ZenFone2のアプデで技適が消えるホラー:週間リスキー

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly
スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!