2015年07月15日11時40分

グーグルついにビーコン発表 アップル「iBeacon」対抗へ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 Googleはオープンプラットフォームの自前Beacon規格“Eddystone”をGoogle Developers Blogsで発表した。この新しいBluetooth low energy (BLE) の規格はApple製品のみで使えるiBeaconと違い、GoogleらしくAndroid、iOS問わずBLEに対応するあらゆるデバイスで使えるようマルチプラットフォームをサポートする。誰でも利用できるオープンプラットフォームで公開している。

Eddystone

 各BLE対応デバイスと、近くのBeaconデバイスと通信するための“Nearby API”を提供。周辺のロケーション情報を取得できる、既存の“Google Places API”とも連携できる。実際にEddystoneを、GoogleマップやGoogle+といった既存サービスで使えるように推し進めている。

 BLE対応デバイスがBeaconデバイスの範囲内に入ったときに近接通信し、美術館や博物館、バス停留所といった場所などの周辺施設情報を取得できる。すでにレストランの中にいるとき、BLE対応デバイスに自動的にメニューを表示するといったようなことが行なわれているという。

■関連サイト
Lighting the way with BLE beacons

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking