2015年07月01日13時55分

Apple MusicはMacやPCでも利用可能に!iTunesの最新版に更新しよう

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 みなさま、こんにちは。週刊アスキーの吉田でございます。さて、深夜のiOSアプデ祭り、Apple Music祭りに取り残されていた感がある、Mac(OS X)やWindowsですが、Apple Musicに対応した最新版のiTunesが各OS向けに登場しましたよ。Macの場合は「App Store」アプリ、Windowsの場合は「Apple Software Update」を起動すれば、最新版に更新できます。

Apple Music
Macの場合は「App Store」アプリの「アップデート」タブでチェック。

 Windowsの場合、iTunesそのものをインストールしていないと「Apple Software Update」というアプリもインストールされないので、AppleのウェブサイトからiTunesを別途ダウンロードしてインストールしましょう。

Apple Music
Windowsの場合は、「Apple Software Update」を起動すれば、更新を確認できます。

 Apple Musicの使い方は既報のとおりですが、おさらいしておきましょう。まず、アイコンが変わりました。

Apple Music
351985

 新しく追加された「For You」を選ぶと、お気に入りのジャンルを選ぶ画面が現れます。まずはここで、J-Popやクラシック、ロックなどのジャンルをクリックしましょう。気になるジャンルは1回、大好きなジャンルは2回タップします。特に興味のないジャンルは、マウスカーソルを合わせると左上に×印が出るので消しちゃいましょう。

Apple Music
For Youのセットアップ画面。Mac版はまだ英語表記がところどころに残ってます。
Apple Music
興味のないジャンルは×印のクリックで消せます。
Apple Music
円が大きいほどお気に入りであることを示しています。

 ジャンル選択が終わるとアーティスト名を選ぶ画面が表示されます。洋楽、邦楽がごっちゃに表示されます。先のジャンル選択でいろいろなジャンルをクリックしてしまうと、アーティスト選択画面がカオスになるので、ある程度絞ったほうがいいですね。

Apple Music

 アーティスト選択画面でも、気になるアーティストは1回、大好きなアーティストは2回タップしましょう。円が大きいのが大好きなアーティストですね。

Apple Music

 画面左下の「More Artists」をクリックすると、チェック(クリック)したアーティスト以外が別のアーティストに置き換わり、続けて選択できます。

Apple Music

 セットアップが完了しました。好きなアーティストにBOOWYを選んでいると、きちんと布袋さんのプレイリストなどを提案してくれます。ちなみに、Apple MusicにはBOOWYはほとんどありません(iTunes Storeにはあります)が、情報としてはきちんと持っているということですね。

Apple Music

 もちろん、ラジオ機能も使えます。注目のラジオ局「Beats 1」もスタートしています。

Apple Music

  アーティストページをフォローして、いいね!などを投稿できるConnect機能も利用可能です。こちらは国内のアーティストはまだ少ないようです。

Apple Music

 検索機能からは、Apple Musicでのトレンド検索も可能です。

Apple Music

 iOS版と同様に、Apple Musicの開始とともにiTunes Matchは設定項目からなくなっています。ただし、設定項目にないだけでサービスは従来どおり続くそうです。

●関連リンク
Apple Music

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking