2015年06月27日14時00分

au版iPhoneは「アメリカAT&Tだけ」SIMロックフリーだった by 石川 温

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 海外旅行の際、スマホの国際ローミングは便利なのだが、パケット定額制は1日2980円というのが一般的で、数日間使うにはかなり高い印象がある。安く済まそうと思ったら、日本で現地に対応したWi-Fiルーターを借りるというのが賢明だ。

 ただ、一般の人はそれで十分なのだが、やはり「スマホ好き」としては現地キャリアのSIMカードを買ってきて使うというのが、楽しかったりする。ときに、観光やお土産よりもSIMカードを買うほうが思い出深い旅行になったりもする。

 

au iPhone
auのiPhoneであれば、アメリカのAT&#38

 5月のアメリカ出張では、AT&TのプリペイドSIMカードを入手し、iPhone 6に挿入して、使うつもりでいた。ホテルに到着し、iPhone 6にAT&TのプリペイドSIMカードを挿入して、アクティベーションし終わった時に気がついた。「あ、これ、SIMフリー版のiPhone6じゃなくて、auで購入したiPhone6じゃん」。

  筆者は、auで契約しているiPhone 6(シルバー)と、SIMフリー版iPhone 6(ゴールド)、さらにアメリカ・ベライゾン契約のiPhone 6(スペースグレー)の3台を所有している。本来ならば、SIMフリー版iPhone 6に、AT&TのSIMカードを挿入しなくてはいけないはずが、何を間違ったかau版iPhone 6にAT&TのSIMカードを入れてしまったのだ。しかし、アンテナピクトを見ると、AT&Tと表記されており、通信もつなっがており、普通にLTEが使えている。速度も比較的速く、エリアも満足できる感じがある。

 さらに試しに、auのiPhone 6に、ベライゾンやT-Mobile、ソフトバンクのSIMカードを挿してみたが使うことはできず。どうやら、AT&TのSIMカードだけ、アメリカではSIMロックが解除された状態になるようだ。KDDIの広報に確認したところ「当社からご案内しているものではなく、また動作を保証しているものでもありません」というコメントが返ってきた。ただ、auのiPhoneがAT&TのSIMカードで使えるという点は否定しておらず、使っても問題なさそうな雰囲気を醸し出していた。つまり、au版iPhoneは、アメリカのAT&Tだけ、SIMロックがかかっておらず、使えるということだ。

 ちなみにAT&TでSIMカードを購入する場合、SIMカード代が9.99ドル、1GBのデータ容量で月額45ドル、2.5GBで月額60ドルとなる。

au iPhone
AT&#38

 一般的なユーザーからすると、アメリカ旅行の限られた日程で、SIMカードを購入するというのは結構、手間で時間もとられるので、できれば避けたいと思う人も多いだろう。AT&TのSIMカードは、サンフランシスコ空港の自動販売機でも購入できるのだが、実は搭乗ゲートの近くにしかなく、帰りにしか購入できない。できれば、アメリカに行く前にSIMカードを調達できていると心強い。

 日本でアメリカのSIMカードを事前に購入する術をあれこれ探していたら、au online shopが、AT&Tのネットワークを利用した「H2O Wireless」というMVNOのSIMカードを販売していることが判明した。H2O WirelessはKDDIの子会社であり、この5月からのSIMロック解除義務化を前に、自社のサイトで販売を開始したらしい。

 せっかくなので、6月の渡米の際にH2O WirelessのSIMカードをau iPhone6に挿入して使ってみた。アクティベーションする際に、設定プロファイルをWi-Fi環境でダウンロードしなくてはいけないなど面倒なところはあるが、KDDIの子会社と言うこともあり、日本語のマニュアルを見ながら設定できるので、そのあたりは心強い。AT&T同様、H2O WirelessのSIMカードでも問題なく利用できた。

 日本でSIMカードを購入すると3780円だが、アメリカの家電量販店などでは9.99ドルで入手できる。事前に日本で準備しておくか、アメリカで購入するかはかなり悩ましいだろう。ちなみに料金プランは、30ドルで、30日間、500MBのデータ容量を利用できる。60ドルを支払えばデータ容量は無制限となるが、テザリングには非対応だ。

au iPhone
au版iPhone6にH2O WirelessのSIMカードを挿入してアクティベーションすると、LTE通信が利用できる。

  この秋に発売されるiPhoneを待たなくても、アメリカで現地のSIMカードが使えるauのiPhone。ただ、実際に使ってみると、auのSIMカードを抜いて現地のSIMカードを挿してしまうので、auの電話番号への着信が受けられなくなってしまう。

 しかも、auの場合は海外番号への転送ができないため、AT&TやH2O Wirelessの番号に転送するといったことができない。いろいろ調べたところ、auのiPhone 4SでもAT&TのSIMカードが使えたので、前に使っていたiPhoneに現地のSIMカードを挿しつつ、いま使っているiPhoneをローミングで使い電話の着信を受ける、あるいは050といった番号が発行されるIP電話アプリに転送するといった工夫が必要だろう。

■関連サイト
iPhone(au)
au Online Shop(H2O WirelessナノSIMスターターキット)
H2O Wireless

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

11,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp