2015年06月23日16時00分

スティックPCやSurface 3の内蔵ストレージ容量を6000円以下で倍以上にする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 このところ、安価なPCやタブレットが続々登場し話題となっている。中でも特に注目されているのが、スティック型PCと日本マイクロソフトのタブレットPC『Surface 3』だろう。

 スティック型PCはUSBメモリー相当の小型ボディーながら、液晶テレビなどのHDMI入力に接続するだけで本格的なPCとして動作する点と2万円切りという超低価格なところがウケて、登場当初は入手困難になるほどの人気となった。また、Surface 3はPC市場ではまだまだ少ないSIMロックフリーのLTE対応で、シリーズ最高の人気を集めている。しかし、これら製品にはちょっとした弱点がある。それは内蔵ストレージの容量だ。

Surface 3
Surface 3。日本では世界に先駆けてLTE版が発売。

 スティック型PCのOSには超低価格なWindowsである、“Windows 8.1 with Bing”が採用されている。このWindows 8.1 with Bingを採用するにはハードウェア仕様のルールが定められており、メモリー容量は2GB以下、内蔵ストレージ容量は32GB以下と決められている。過去、一部製品で内蔵ストレージ容量が64GBながらWindows 8.1 with Bingを採用する例もあったが、現在はこのルールがより厳格に守られるようになり、32GBを超えるストレージ容量の製品は今後登場することはないと考えられる。一方で、Surface 3は、Windows 8.1 with Bing非採用なので、このルールを守る必要はない。しかし、なるべく安価な価格を実現するため、ややスペックは抑え気味となっている。上位モデルでは4GBのメモリーと128GBの内蔵ストレージを搭載するが、下位モデルでは2GBのメモリーと64GBの内蔵ストレージとなっている。多くのアプリをインストールしたり、オフラインでも参照したいデータを保存するには、やはりある程度余裕のあるストレージ容量が不可欠となる。

 スティック型PCやSurface 3などのタブレットPCでは、内蔵ストレージが内部基板に直接実装されているため、デスクトップPCなどのように大容量ストレージに交換して強化するのは不可能。とはいえ、ストレージ容量を改善する手段もちゃんと用意されている。スティック型PCやタブレットPCには、microSDカードスロットがほぼ標準で用意されており、microSDカードを装着することで、ストレージ容量を強化できるのだ。そして、そういった用途にオススメしたいのがmicroSDカード『64GB SAMSUNG PRO MB-MG64D/FFP』と『64GB SAMSUNG EVO MB-MP64D/FFP』だ。双方とも容量は64GBと大容量で、スティック型PCに装着すれば内蔵ストレージ容量を3倍に、Surface 3の64GBモデルなら2倍に強化できる計算だ。

microSDカードで内蔵ストレージを強化
日本サムスンが販売するmicroSDカードで最上位シリーズの『SAMSUNG PRO MB-MG64D/FFP』(64GB)。
microSDカードで内蔵ストレージを強化
こちらは下位シリーズの『SAMSUNG EVO MB-MP64D/FFP』(64GB)。
microSDカードで内蔵ストレージを強化
大人気タブレットPC『Surface 3』は、背面キックスタンド内側にmicroSDカードスロットが用意され、内蔵ストレージの増強が可能。
microSDカードで内蔵ストレージを強化
スティック型PCにもmicroSDカードスロットが用意されており、内蔵ストレージを増強できる。写真はマウスコンピューターのファン付きモデル『MS-PS01F』。
microSDカードで内蔵ストレージを強化
内蔵ストレージ容量32GBのスティック型PCに64GbのmicroSDカード(Dドライブ)を装着。合計容量は一気に3倍化。

 MB-MG64D/FFPはプロ用途にも耐えられる品質を備える最上位モデル。読み込み速度は最大毎秒90MB、書き込み速度は最大毎秒80MBと、数あるmicroSDカードの中でもトップクラスのアクセス速度を実現している。また、10年間の長期保証も付帯しており、長期間安心して利用できる点も魅力のひとつ。

 対するMB-MP64D/FFPはコストパフォーマンスを重視したモデルだ。アクセス速度は最大毎秒48MBと、MB-MG64D/FFPに比べてやや控えめだが、スティック型PCやタブレットPCの拡張ストレージとして利用するには必要十分な速度だ。実際に、MB-MP64D/FFP上にデジタルカメラで撮影した高ビットレート(28Mbps)のフルHD動画(MP4形式、60fps)を保存してスティック型PCやSurface 3で再生させてみたが、コマ落ちなど一切なくスムーズに再生できた。もちろん、こちらも10年間の長期保証が付帯し、保証面も申し分ない。

 その他に、海水に24時間も耐える優れた防水性、マイナス25度から85度までの耐温度性能、耐磁力、耐衝撃、耐X線など、過酷な環境での使用を想定した設計が安心な点も特徴。特に、スティック型PCやタブレットPCでは使用中に高温になる場面もあるが、そういったシーンでも問題なく利用できるのは安心度が高い。

 そして、極めつけは価格面。MB-MG64D/FFPはmicroSDカード最上位製品で64GBと大容量ながら、Amazonでは5980円と6000円を切る安さで販売されている。また、MB-MP64D/FFPはさらに安く、4000円を切る3980円だ。ノーブランドの64GB製品では最安値のものだと2800円前後で販売されているものもあり、価格だけを見るとかなり魅力的だ。しかし、サムスンは世界的な半導体メーカーで、搭載するコントローラーやNANDフラッシュメモリーなど、すべて自社製造となっており、半導体製品の品質の高さには定評がある。それでいてこの安さなのだから、“お得度が高い”わけである。

 しかし、気になるのは実際にデバイスに挿したときの実行速度である。そこで、マウスコンピューターのスティック型PC『m-Stick MS-PS01F』とSurface 3、NECのUltrabook『LaVie Hybrid Zero』で、ベンチマークソフト『CrystakDiskMark』を利用して各製品のアクセス速度を計測してみた。比較用にはノーブランドの32GB microSDカードを用意した。

m-Stickではわずかに書き込み速度に差がある

microSDカードで内蔵ストレージを強化 microSDカードで内蔵ストレージを強化 microSDカードで内蔵ストレージを強化
MB-MG64D/FFPの結果。 MB-MP64D/FFPの結果。 ノーブランド製品の結果。

Surface 3でも傾向は同じ

microSDカードで内蔵ストレージを強化 microSDカードで内蔵ストレージを強化 microSDカードで内蔵ストレージを強化
MB-MG64D/FFPの結果。 MB-MP64D/FFPの結果。 ノーブランド製品の結果。

  結果を見ると、読み込み速度はm-Stickでは3製品ともほぼ横並びで、カード本来の速度は発揮されなかった。これはm-StickのmicroSDカードスロット自体の速度がそれほど速くないためだ。しかし、書き込み速度にはやや差が見られ、MB-MG64D/FFP>MB-MP64D/FFP>ノーブランドの順に速かった。この傾向はSurface 3でも同様で、読み込み速度は大きく変わらなかったが、書き込み速度はこちらもMB-MG64D/FFP>MB-MP64D/FFP>ノーブランドの順に速かった。スティック型PCやタブレットPCのように、microSDカードスロットの速度がそれほど速くなく、カード本来の速度が発揮しづらい環境でも、上位モデルの製品ほど書き込み速度の差が現われ、より快適に利用できると言えそうだ。

LaVie Hybrid Zeroでは段違いでPROの速さが際立つ

microSDカードで内蔵ストレージを強化 microSDカードで内蔵ストレージを強化 microSDカードで内蔵ストレージを強化
MB-MG64D/FFPの結果。 MB-MP64D/FFPの結果。 ノーブランド製品の結果。

 なお、LaVie Hybrid ZeroのSDカードスロットで、SDカードアダプターを利用して計測した場合には、ほぼカード本来の速度が発揮できた。MB-MG64D/FFPの速度はさすがのひと言で、大容量データの読み書きも非常に快適。MB-MP64D/FFPは読み込み、書き込みともにMB-MG64D/FFPの半分以下だったが、標準的な速度であり、コスパで言えばスティック型PCやタブレットPCでの利用に最適だろう。対するノーブランド製品は読み込み速度こそMB-MP64D/FFPを上回っているが、書き込み速度の遅さが目立つ。ここまで書き込み速度が遅いと、体感の快適度も大きく低下してしまう。

 安価なMB-MP64D/FFPと高速なMB-MG64D/FFP。スティック型PCやSurface 3のほか、スマホなどでもストレージ容量で悩んでいる方は検討してみてはいかがだろう。ちなみに、現在Amazonではカートに入れてレジに進むと表示価格からさらに20%引きになるスペシャルセールを行なっている。つまり、MB-MG64D/FFPは表示価格が5980円なので、4784円に。MB-MG64D/FFPなら3980円なので3184円となる。また、今回のレビューではGB単価の安い64GBモデルのみに焦点をあてたが、EVOシリーズでは128GBのさらに大容量なモデル『MB-MP128D/FFP』もラインアップしている。こちらの表示価格は1万2400円だが、20%引きすると9920円と1万円を切り、お買い得度が高い。セールは6月28日(日)23時59分までなので、気になった方はお早めに。

■関連サイト
ITGマーケティング
Amazon【サムスン】SD・microSDカード&SSDが最大30%OFFセールページ

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!