2015年06月09日05時45分

watchOS 2でApple Watch単体で使える機能が大幅に増加:WWDC 2015

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 Appleは日本時間6月9日午前2時に開幕したWWDC 2015で、Apple Watchの新OS“watch OS2”を発表した。最大の特徴は多くのネイティブアプリが動作することでApple Watchを単体で使えるシーンが増えたこと。例えばゴルフスイング計測アプリや録音アプリなどがApple Watch単体で利用できる。単体でのビデオ再生も可能になった。

20150609watchos2
20150609watchos2
20150609watchos2
20150609watchos2

  もうひとつの目玉は“タイムトラベル”。Digital Crown(リューズ部分)を回転させることで、過去に表示されたニュースの見出しなどの情報を見返せるほか、今後の天気情報や予定なども確認できる。

20150609watchos2

 地味だが本当に便利になるのがメール返信機能の搭載。音声入力は絵文字での返信のほか、テンプレート文をリストから選んでの返信も可能だ。

20150609watchos2
20150609watchos2

 文字盤に世界各地で撮影されたタイムラプスビデオやフォトアルバムを表示できるように強化。さらに“コンプリケーション”はフライト時刻などApp Atoreアプリのデータを表示できるようになった。

20150609watchos2
20150609watchos2
20150609watchos2

 横向きにApple Watchを置いて充電中ケーブルをつなぐと“ナイトスタンドモード”に移行。画面が横向きになり、アラームが鳴った際にDigital Crownを押すとスヌーズ、サイドボタンを押すとオフになる。

20150609watchos2

 watchOS 2はディベロッパーベータ版は6月9日から提供開始。正式アップデートは無料で、秋を予定している。

20150609watchos2

■関連サイト
watchOS 2プレビュー

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!