2015年06月01日20時30分

iMac激似!?ASUSの超高性能一体型PCがいろいろな意味でヤバすぎ:COMPUTEX 2015

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ASUSは、台湾で開催されるCOMPTEX 2015の開幕前日に、プライベートカンファレンス“Zensation”を開催。23.8インチまたは21.5インチ液晶一体型PC『Zen AiO』シリーズを発表した。とにかく、iMacに激似だ。

Zen Aio
Zen Aio

 本機は、ボディーがアルミニウム製のユニボディー(一体成形)で、液晶の縁が6ミリと薄いスタイリッシュなデザインを採用。おもなスペックは、CPUが最大でクアッドコアのCore i7プロセッサー、GPUがGeForce GTX960M、メモリーが最大32GB。なお、対応メモリーは2133MHzのDDR4になることから、CPUは第6世代Core(開発コードネーム:Skylake)とみるのが妥当だろう。ストレージはPCIe Gen3 x4接続のSSDで、容量は512GBと一般的なものの、アクセス速度が毎秒4000MBと超高性能だ。また、USBは、3.1 Gen2を採用している。

Zen Aio

 グラフィック性能は同社調べで、iMacと比べて約2倍が高いという結果に。

Zen Aio

 また、ストレージはSATA3接続のSSDと比べて4倍以上高速になったとのこと。

Zen Aio

 USBポートはリバーシブル仕様のType-Cで、USB規格は3.1 Gen2で最大10Gbps。USB 3.0の5Gbpsの倍の速度を出せる。さらに23.8インチモデルは、インテルの3Dカメラ“RealSense”で正確な3D映像で顔認証でき、モーションコントロールを利用したゲームが楽しめる。スピーカーは6つ搭載し、豊かでクリアーなフルレンジサラウンドを聴ける。

 日本発売や価格は未定だが、高負荷なゲームが快適に動く描画性能に加え、ストレージ速度も申しぶんないハイスペックマシンとして注目だ。

(2015年6月1日23時6分追記:メモリーとCPUの記述を一部追記しました。)

■関連サイト
ASUS
Zen AiO

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!