2015年06月01日10時00分

iPhoneとGoogleカレンダーの同期ができないときの見直しポイント

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 みなさま、こんにちは。

 「カレンダーはGoogleをメインで使っている!」という方は多いのではないでしょうか。私もそのひとりで、毎日必ず確認しないと不安です。

 しかし、iPhoneのカレンダーとGoogleカレンダーの連携が、なかなかうまくできないこともあるようです。「項目がたくさんあるからかなぁ」なんて思っていたんですが、ちゃんと解決方法がありますので、今日は設定方法をご紹介いたします。

iPhoneのカレンダーとGoogleカレンダーの同期がうまくいかないときに確認すべきこと

 まずは、GoogleカレンダーとiPhoneカレンダーの連携方法です。

iOSTips

 設定→“メール/連絡先/カレンダー”を選択します。

iOSTips

 連携させたいGoogleアカウントを選択します。

iOSTips

 ここから、カレンダーがオンになっていることを確認します。

iOSTips

 カレンダーを開き、画面中央下部の“カレンダー”を開きます。

iOSTips

 表示させたい項目にチェックが付いていることを確認します。

 ここまでが、必ず必要な設定方法です。これでも表示されない場合は、以下の手順を試してみてください。

iOSTips

 登録したいアカウントでログインしたGoogle Chromeからカレンダーヘルプページを開きます。

iOSTips

 そのあと、“同期設定のページ”を開き、同期したいカレンダーにチェックを入れます。

 その後、右下にある“保存”をクリックして終了です。

 逆に同期したくない場合も、ここからチェックを外してオフにします。仕事のPCと自分のiPhoneのスケジュールをきちんと確認できるようにして、効率的に時間を使えるようにしましょう。

※iOS8.3で検証しました。

■あわせて読みたいiOS Tips
iPhoneのカレンダー設定を通常の5分単位から1分単位に変更する方法
iPhoneのカレンダーに天気予報と日程を一緒に表示させる方法
iPhoneのカレンダーは思ったより自分好みにカスタマイズできるんです

iPhoneとiPadで使える超便利Tips集

つばさのFacebook

 この記事を書いているつばさのFacebookページができました。
 スキマ時間などにのぞいてくださいませ。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking