2015年05月13日16時30分

自分を追尾する自撮りドローン『Lily』が凄すぎる 防水で川から発進可能、$999

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
001

 やばいやばいやばい!アクションカムをしこんだドローン『リリー』(Lily Camera)やばい!やばすぎてもう動画10回以上見てる!見すぎ!

 リリーの予約価格は499ドル、市販価格は999ドル。国際輸送費が30ドル。来年2月に出荷予定。詳細は後回し。まずは動画を見てちょ!

001
ポーンと投げると撮影開始
001
1080p、720pで撮影可能
001
最長飛行時間は20分
001
腕に巻きつけたデバイスを追尾する
001
防水仕様で、ボシャンと落とすと……
001
ビュイーーンと上がってくる(ここでやられた)
001
後ろから撮影したり
001
下から上がってきたり
001
歩いてる姿を横から撮影したり
001
前から撮影したり
015
回転したりとアングルさまざま
001
リュックに入る小型サイズ
001
おばあちゃんも軽々!(おばあちゃんドローン使うのか)
001
12メガピクセルの写真も撮れる

 というわけで、あらためて説明。

 リリーは空中に投げるだけで撮影を開始する。1080pのハイビジョン解像度の動画(H.264 mpeg4)を撮影できる。フレームレートは120fps。12メガピクセルの写真も撮れる。1回の飛行時間は20分。IP67防水で、海でも使えるらしい(ただし使ったあとはよく洗うこと)。

 利用者が腕に巻いたデバイスを追尾する。撮影時のカメラ動作は「前から」「後ろから」「回転しながら」を設定できる。記録にはmicroSDを使う。低解像度だがライブストリーミングも可能。サイズは直径26.1cm×高さ8.18cmと小型でバックパックに入る。重さは約1.3kg。

 初期のプロトタイプはカリフォルニア大学バークレー校 ロボット工学研究室で2013年に開発されたという。ドローンといえばBebop DroneかDJIファントム、ローリングスパイダーかな~と思ってたけど、こりゃやばい。そして記者がアスキーアートっぽいと思ったのは内緒だ。

追尾する自撮りドローン『Lily』が欲しすぎる 川から発進できる防水性能、$999!
これね。

写真:Lily Camera

■関連サイト
Lily

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking