2015年04月29日10時30分

ブリトーが人気のオーストラリア発メキシカン店『GYG (グズマン・イー・ゴメズ)』原宿にOPEN

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 メキシカンブームが確実に来ています。

 先日『Taco Bell(タコベル)』日本1号店がオープンしましたが、今度はオーストラリア発のメキシカンファストフード『Guzman y Gomez(グズマン イー ゴメズ)』(以下GYG)が日本初進出。本日4月29日にラフォーレ原宿2階GOOD MEAL MARKET内にオープンします。

●メキシカン店『Guzman y Gomez(グズマン イー ゴメズ)』グランドオープン

GYG

 世界60店舗を出店するGYGは、ランチ時には行列ができるほど各地で愛されているフードチェーン。特徴はなんといっても“プレミアム感”。ファストフードの域を超えるほど、新鮮な食材や手作りへのこだわりを持っています。

●一番人気のブリトーを食べてみた

GYG

 一番人気なのは『ブリトー』(レギュラー750円/ラージ1200円)。GYGが日本に来るとなればこれを食べるっきゃない! というわけでグランドオープン前に行なわれた内覧会で、先駆けてブリトーを食べてきました。

GYG GYG

 銀の包みを開けると、筒状にフィリング(具材)が閉じ込められたブリトーが! おにぎり、サンドイッチのごとく、片手で持ってカジュアルにかぶりつけますよ。

GYG

 野菜・肉・米・豆・チーズが厚めでしっとりしたトルティーヤで巻かれています。トルティーヤの皮はモチモチと優しい食感でとても上質に感じたこと。米や豆といった穀物がまろやかな味で、私が個人的に抱いていた刺激的なメキシカンフードの印象と異なる、ヘルシーなバランスフードに思えましたよ。

 日常的に食べたい優しくヘルシーな味わいで、ブリトーが一番人気というのに納得。辛さを自分で追加することもできます!

●お酒が進みそうなナチョス、タコス

GYG

 メキシカン定番のナチョスやタコスも食べてきました。

 なおGYGでの注文は基本的に二段階。ブリトー、ケサディーヤ、タコスなどベースの商品を選んでから、中に入るフィリング(具材)を、チキン、ビーフ、フィッシュ、ベジタブル、スパイシーチキン、スパイシーポーク、スパイシービーフステーキの7種類から選ぶシステムです。フィリングの種類が豊富で、ベジタブルまであるのにびっくり。

GYG

 自家製のコーンチップスにワカモレ(アボカドディップ)やトマト、コリアンダー(パクチー)、タマネギをトッピングした『ナチョス』(レギュラー800円/ラージ1350円)。内覧会では特別に小さめなサイズのお皿でいただきました。

GYG

 カリッとしたコーンチップスに、お肉とワカモレ、フィリングを乗せて食べると何とも言えずオシャレ。豆が入っているのもまたヘルシーでステキ。なおこのワカモレ(アボカドディップ)も、毎日手づくりするんですって。確かにフレッシュなおいしさがありました。

GYG

 もちろん『タコス』も自慢です。タコスはソフトシェル、ハードシェルの2種類あり、各2個(850円)、3個(1000円)のセットから選べます。内覧会ではハードシェルのタコスを1個いただきました。

GYG

 チーズがたっぷり入っていておいしそう!

GYG
いただきます!テーブル席もありますが、明治通りを見渡せる日差しの良いカウンター席もあり、ひとりでも十分入りやすいです。

 コーントルティーヤがパリパリです。フィリングの汁が溢れだしそうになるが愛嬌。タコスってなんだか食べるときにエンターテイメント的な楽しみがありますね。

GYG

 こちらは柔らかいコーントルティーヤを使用したソフトシェルのほうのタコスのイメージです。

●辛さやコリアンダーを自分でカスタマイズ

GYG

 なお、GYGではサルサソースをセルフサービスで追加できるので、辛さを自分の好みに調整することができます。

GYG

 サルサソースの辛さは3段階。緑色のものはややマイルドで、色が濃くなるほど辛さが深刻になってきます。いちばん上の辛さのサルサソースは、痛いレベルのもの。中本のラーメンなどが好きな辛党の人はハマる辛さです。くれぐれもディップカップを使って、ちょっとずつつけるのがおススメです。

GYG

  コリアンダー(パクチー)、オニオン、ピクルスといったアクセントもセルフで加えることができます。コリアンダー好きな人はたくさん盛れて、感激するのではないでしょうか。

●お酒メニューも豊

GYG

 タコスやナチョスってお酒に合うんですよね。Taco Bellはアルコールメニューがありませんでしたが、こちらは豊富。ビール(600円)、フローズンマルガリータ(800円)、ほかカクテルも提供するそう。

GYG

 テキーラの値段設定が300円となぜか激安……。メキシコといえば「テキーラ!」と踊りだしたくなるからでしょうか。これは飲むべきだと思います。

●満足できる本格的なメキシカンフード

GYG
『ケサディーヤ』
GYG
『エンチラーダ ラージ』
GYG
『サラダボール』

 メニューはほかにも『ケサディーヤ』(2個850円/3個1000円)、『エンチラーダ ラージ』(1500円)、『サラダボール』(ラージ1300円/レギュラー800円)などがあります。

 日本の店舗でのオリジナルのメニューは、“メキシカンスパイシーチョコ”味のチップス&サルサのフレーバーとチュロスのみで、ほかのメニューはワールドワイドで共通。基本的にオーストラリア本場の味に近いものを再現しているということ。店内のラテンポップでカラフルなインテリアといった、全体のコンセプトも本国ものを尊重しているんですって。

GYG
ラテンポップな雰囲気の店内には、こんなそそるインテリアもありました。

 以上、原宿のオシャレな立地に新しくできるメキシカンファーストフード店、GYGの内覧会レポートでした。
 全体の雰囲気がラテン的で明るく、とても今ふうな感じがしました。料理はどれもヘルシー感が強く「毎日食べたい」と自然に思えるほど。

 GYG ラフォーレ原宿店では、4月29日のグランドオープンを記念して『FREE BURRITO DAY(フリーブリトーデー)』を開催!当日来店したお客さんは自慢の『ブリトー』を無料で提供してくれます。これは太っ腹、お見逃しなく。

『Guzman y Gomez(グズマン イー ゴメズ) ラフォーレ原宿』
・東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿 2階 GOOD MEAL MARKET内
・営業時間 11:00~21:00 (L.O.20:50)
・4月29日(水)グランドオープン

■関連サイト
Guzman y Gomez (GYG) JAPAN

~ナベコ、Facebookページはじめました~
この記事を書いたナベコです!よかったらFacebookページをのぞいてください。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking