2015年04月26日09時00分

iPhoneの待ち受け画面が揺れて見える「視差効果」を止める方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 みなさま、こんにちは。

 iPhoneの待ち受け画面用に写真をトリミングして設定したはずなのに、横や縦が見え隠れしてゆらゆらと表示される現象“視差効果”。ダイナミックから選んだ待ち受け画面ならいいなぁとは思うんですが、イラストなどは動かないほうがイイですよね。

 そこで、今日はこの“視差効果”をオン、オフにする方法をご紹介します。

iOSTips

 こんなふうに、普通は横から見ると3Dのような奥行きのある感じになります。

iOSTips

 待ち受け画面の設定時に、赤枠の“視差効果”がオンになっているときは、3D効果のようなゆらゆら揺れる待ち受けになります。

iOSTips

 オフになってるときは、3D効果のように左右、上下に揺れることはありません。

 待ち受け画面をサイズきっちりに設定したい! という方は、視差効果の設定を見直してみてはいかがでしょうか?

※iOS8.3で検証しました。

■あわせて読みたいiOS Tips
【朗報】iPhoneのシャッター音を鳴らさずに撮影する方法
iPhoneを他人に貸してもプライバシーが守れる「アクセスガイド」の設定方法
iPhoneをロックしてもプライバシーを話してしまうSiriの設定を見直そう

iPhoneとiPadで使える超便利Tips集

つばさのFacebook

 この記事を書いているつばさのFacebookページができました。
 スキマ時間などにのぞいてくださいませ。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!