2015年04月25日18時00分

iPhone 6をDragontrailガラスで保護してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 先日、『Galaxy S6 edgeに画面保護は必要? 落としてガラスが割れる確率はiPhoneの半分』という記事でも説明しました、スマホ本体のガラスについて。iPhone 6はGorilla Glass 3を採用しております。

 市販のガラスプロテクターは、高価なモノだとiPhone本体と同じGorillaを採用し、ほかはただのガラスというケースが多いですが、Dragontrailを採用したモノもいくつか出ています。

 若干高価であることと、若干厚みがある点を除いては、たいへん安心できるガラスプロテクターと言えますが、いわゆるiPhoneの端まで貼れる系(フレームを彩ったモノ)で、かつDragontrailというのは聞いたことがありません……と、思ったら出ておりましたビザビさんから。教えてよね。さっそく見ていきましょう。

Dragontrail

↑フレームのカラーと、4.6インチ、5.5インチ(PLUS)の計4種がございます。

Dragontrail

↑コチラはブラック。スペースグレイモデルに。

Dragontrail

↑ガラスの厚みでボタンが押しにくくなったと感じる場合に貼るリング上のボタンシールが付属。ナント、Touch IDがそのまま使えるんです。貼らなくてもいいです。

Dragontrail

↑左はGorilla、右がDragontrail。前者が3.3ミリ、後者が5.5ミリ。厚くなっているのですが、ラウンドエッジ加工がしっかり施されており、むしろフィット感が増します。

Dragontrail

↑下がDragontrailガラス。ボタン周囲もなめらかになっています。

Dragontrail

↑吸着面。ノリは全面に塗られています。貼ってみましょう。

Dragontrail

↑位置を合わせて置くだけで、サーッと空気が抜けていきます。

 硬いガラスですが、位置を合わせ、ホコリの混入にさえ気を付ければ誰でもキレイに貼れますよ。以前、『貼れたら無敵!上級者向けiPhone 6用全面保護ガラスを試す』という記事でご紹介しましたガラスは大変でしたが、コレはホント楽勝っす。

 きちんと浮き無く貼れているか、細部までチェックしてみましょう。

Dragontrail Dragontrail Dragontrail

 うん、カンペキすな。続いてボタンシール貼ってみよー。

Dragontrail

↑リング色はiPhoneカラーの3種を用意。コチラはシルバーとゴールド。

Dragontrail

↑ホール・イン・ワン的気分で楽しく貼れます。

Dragontrail

↑Touch IDはサファイアなのでキズの心配は無いですが、一応覆ってくれます。シールはきちんと手でなじませる必要があります。

Dragontrail

↑Touch IDは使えますが、念のため指紋登録はし直したほうがいいかも。同じ指を2回やると認識率が上がるTipsも思い出してくださいね。

Dragontrail

↑貼り付け後の側面を6 Plusと比較。写真でみるほど浮きは気になりません。6 Plusのほうがより一体感ある。

Dragontrail

↑にしても、我ながらまた完璧に貼れてしまった……一体感、かなりのモノです。オススメよ。

 いじょ。Dragontrailでフルガードのガラスプロテクターのお話でございました。もう誰も傷付けたくないでしょう?

 アスキーストアでもお取り扱いしておりました。

旭硝子Dragontrail使用 OverLay Glass ホームボタンシール付 for iPhone 6をアスキーストアで購入
アスキーストアで購入

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!