2015年04月21日07時00分

Windows情報局ななふぉ出張所

不都合な“穴”がついになくなったXperia Z4の魅力を語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ソニーモバイルコミュニケーションズが4月20日、『Xperia Z4』を発表しました。

Xperia Z4の魅力を語る
『Xperia Z4』を世界で初めて日本で発表した、ソニーモバイルコミュニケーションズの十時裕樹社長。
Xperia Z4の魅力を語る
本体左側面の充電端子がついに廃止された。

 前モデルZ3の基本スペックを向上させ、”完成形”を目指したというZ4。MWC2015では発表を見送り、あえて日本国内で最初に発表したという点に集まっています。

 しかし筆者がもっとも注目したポイントは、充電端子に関する仕様変更です。


■Xperia Zシリーズの充電端子を振り返る

 充電端子について、これまでのXperia Zシリーズを振り返ってみましょう。初代のXperia Zでは、本体側面に控えめな大きさの金属端子がありました。しかしZ1以降は、ボディーの左側面に大きな穴を開けたデザインとなりました。

Xperia Z4の魅力を語る
Zシリーズの原点、Xperia Zの充電端子は比較的目立たない構造だった。
Xperia Z4の魅力を語る
Xperia Z1以降は充電端子が大きな“穴”になった。

 Xperia Z1の試作機を最初に見たとき、筆者は「充電端子のフタが外れているようですが?」とソニーモバイルの担当者に尋ねてしまいました。すると担当者氏は少し憮然とした表情で、「これで正しい仕様なので、このまま使ってもらうことになる」と答えてくれたことを、今でもはっきりと覚えています。

 筆者はZ1を手に持ったとき、明らかにこの穴に違和感を覚えました。この設計はのちにZ1 fやZ2、Z3へと引き継がれていくことになります。

Xperia Z4の魅力を語る
Z1の小型版として登場したXperia Z1 f(海外ではXperia Z1 Compact)にも、この仕様は受け継がれた。本体が小型化しただけに、相対的に充電端子が目立っていた。

 もちろんこの穴の存在は、さまざまな機能や使い勝手とのトレードオフになっています。充電のたびに、防水カバーを開けてMicroUSBポートにケーブルをつなぐ手間は省けます。卓上ホルダーは机の上でのスマホの“居場所”としても機能するため、室内で紛失しにくくなり、充電忘れを防ぐメリットもあります。

Xperia Z4の魅力を語る
卓上ホルダーに置くと、マグネットにより小気味よくドッキングする。この使い心地は、たしかに快適だ。

 また、国内キャリアの製品としては珍しくない卓上ホルダーも、グローバルではあまり見かけないものです。日本ならではの細かな気配りは、海外市場における日本メーカーの優位性になり得る点でもあります。

Xperia Z4の魅力を語る
2014年2月発表のZ2世代でも、ほぼ同じ位置に充電端子が設けられた。エッジを面取りしたためか、指への当たりはわずかに柔らかくなった印象だ。
Xperia Z4の魅力を語る
2014年9月のXperia Z3もこの設計を踏襲した。

 ただ、そういったメリットを考慮してもなお、この穴は大きすぎるのではないかと筆者は感じていました。細部までデザインにこだわっているはずのXperia Zシリーズにおいて、よく指が当たるところに、なぜこんな穴がなければならないのでしょうか。


■Xperia Z4ではキャップレスUSBで充電端子を廃止

 それでもなお、日本国内でのXperia Zシリーズは人気が高く、売れ続けてきた実績があります。そこまで細かいところを気にしていたのは、筆者だけかもしれません。あるいは、メリットの部分が穴のデメリットを大きく上回っていたとか、他にXperiaに匹敵するほど魅力的なAndroid端末が存在しなかったのかもしれません。

 いずれにしても、Xperia Z4でこの充電端子はついに撤廃されます。MicroUSBポートがキャップレス防水に対応し、防水カバーが不要になったためです。充電のたびに毎回カバーを開ける手間がかからない以上、もはや専用の充電端子を設ける必要はない、という判断です。

Xperia Z4の魅力を語る
Xperia Z4では、ついに充電端子が撤廃。本体左側面はスッキリしたデザインになった。

 また、キャップレス防水を採用したタブレット『Xperia Z4 Tablet』では、卓上ホルダーに置いて充電すること自体がサポートされなくなりました。しかしXperia Z4では、新たに縦置きの卓上ホルダーが開発され、Z3までの使い勝手を再現しています。

Xperia Z4の魅力を語る
Z4の卓上ホルダーは、本体下部のMicroUSBポートを用いて縦置きするタイプとなる。実際に試したところ、汎用的な製品よりも抜き差しはスムーズだった。

 もちろん、Xperia Z4の魅力を一般的に語るならば、フロントカメラの強化や、メシマズ写真とおさらばできるプレミアムおまかせモードのグルメモード対応、プロセッサーなどの基本性能の向上といった点が、評価の中心になるでしょう。

 しかし筆者にとっては、長年気になって気になってしょうがなかったあの穴がなくなった点こそが、Xperia Z4における最大の進化だと感じています。

山口健太さんのオフィシャルサイト
ななふぉ


●発表会(録画)&実機レビューをニコ生で放送予定!

 週刊アスキー/週アスPLUSでは、4月21日20時からXperia Z4の発表会録画放送および実機レビューを放送します。ご視聴もしくはタイムシフト予約をお願いいたします!

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp