2015年04月27日08時00分

エクセル道場 ~秘密結社成り上がり編~

Excel 2013|「サム~イ、フゥ~」とSUMIF関数に寒いギャグなどいらぬ!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

オートSUMとIF関数を組み合わせたのが"SUMIF"関数だ。任意の品目を抽出できる仕組みで、個別に集計したいときに超便利!

996-exceldojo

SUMIF(サムイフ)関数で項目別に集計を実行

データをまとめる際、品目を選んで個別に集計する場合も多い。いちいち品目を探して、対応するセルの値を計算するのは、めんどうなうえに間違いやすい。そこで利用したいのがSUMIF(サムイフ)関数だ。

設定した範囲内から、ユーザーが指定したキーワードを検索し、該当する品目の金額を集計する関数で、簡単に品目別の集計表を作成できる。あらかじめ、品目名を式に組み込んでおくほか、その都度、キーワードを変更する方法もあり、状況に合わせて使い分けられる。


リストの中から品目ごとに値を集計

996-exceldojo

 

SUMIF関数

996-exceldojo

↑任意キーワードで検索し、該当する行の数値部分を集計する。品目ごとの合計値が一目瞭然にわかって便利だ。

 

996-exceldojo

↑キーワードを入力して集計することも可能。必要な品目を入力すればデータを素早く集計。

 

3つの設定で項目別に集計する

“SUMIF”関数に必要な要素は“範囲”と“検索条件”、そして“合計範囲”の3項目だ。“範囲”は品目を検索するセルの範囲を設定する項目で、“検索条件”はピックアップするキーワードを決める。“合計範囲”は、集計する数値をピックアップする範囲となっている。


品目名と集計数値連結するSUMIF

●Step01
"関数の挿入"から"SUMIF"関数を検索

996-exceldojo

↑図の左側にある一覧表を使って、品目を固定して集計する方法を紹介する。まずは"関数の挿入"ウインドーを呼び出す。

 

996-exceldojo

↑"数式"タブの"関数の挿入"を選択。検索ボックスに"SUMIF"と入力し、関数名に表示された" SUMIF "を選ぶ。

 

●Step02
3つの項目を設定して品目ごとに集計

996-exceldojo

↑設定ウインドーが表示されたら"範囲"項目に品目検索する範囲を入力。ここでは"分類"(1)を範囲選択にする。

 

996-exceldojo

↑次は検索キーワードの設定だ。ピックアップしたい品目名をダブルクォーテーションで囲み"検索条件"に入力する。

 

996-exceldojo

↑最後は集計する数値の範囲を選ぶ。"合計範囲"項目に、リストの"金額"(3)を範囲選択すれば、設定は完了だ。

 

996-exceldojo

↑"OK"ボタンを押すと関数式が完成。指定したキーワード(交通費)のみをピックアップした合計数値"2700"を表示。

 

●Step03
後から修正した数値も自動的に反映

996-exceldojo

↑関数式なら、後からデータを修正しても自動的に反映される。

 

996-exceldojo

↑たとえば"金額"を750から1750に変更した場合でも……。

 

996-exceldojo

↑"交通費"で集計した数値は2700だったが、修正した数値を反映して、自動的に3700へ修正。手間がかからない。

 

●Step04
複数の品目を個別に集計するのも簡単

996-exceldojo

↑ほかの品目をピックアップする場合は" 範囲"と" 合計範囲"は変えずに" 検索条件"のキーワードのみ変更すればよい。

 

996-exceldojo

↑"消耗品"の集計値が表示。範囲が同じなら、数式バーの式をコピー&ペーストして検索条件部分のみ書き換えてもよい。

 

996-exceldojo

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking