2015年04月09日07時30分

クラウドワークス赤字上場について聞かれ、しばらく黙る:新経済サミット2015

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「赤字上場について聞かせてほしい」

 楽天・三木谷浩史代表率いる新経済連盟主催の会合“新経済サミット”に8日、サイバーエージェントの藤田晋代表が登壇。座談会の中、クラウドワークスの吉田浩一郎代表に質問を投げかけた。

 クラウドワークスは昨年11月、1億円以上の経常赤字を抱えて上場。サイバーエージェントは2013年から同社に出資してきた。吉田代表は数秒ほど沈黙したあと「基本的に、個人が(クラウドソーシングで)働くって(状況は)そんなに簡単に実現できる世界ではない」と答えた。

「もともと大企業が個人と取り引きしようとすると法務で与信が通らない。『せめて法人格を作ってくれ』と言って前払い取り引きするしかない。それは“信用”というインフラがなかっただけ。我々は個人版の帝国データバンクのような存在になる。(個人が)過去に年間600万円稼いでいて、東芝や経済産業省と仕事してますよというのが分かる」(吉田代表)

 要は、プラットホームビジネスは時間がかかる、回収までにも時間がかかる、今は成長のための投資をしているところだから、利益を見せるのはもう少し待ってくれという答えだった。

 「データがたまらないとインフラになれない。日本の大企業には経営改革が求められている。上場で大企業との取引上の信用は得るが、投資は継続していくのが大事なストーリー」(同)

 藤田代表は笑ってうなずき、「叩かれても頑張って」とエールを送った。

■関連リンク
新経済連盟
新経済サミット2015

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly
スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!