2015年04月07日06時30分

なんだこれ! 扇風機、追求したらボールに パナソニック新製品『Q』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 うれしい、大手から久しぶりに意味不明な製品が出てきた。

 パナソニックが3日に発表した『キュー』(Q)は、“創風機”という新ジャンルのサーキュレーター兼用扇風機。5月20日発売で、想定価格は4万円前後。特徴は大風量。吸気口から吸い込んだ風量を約7倍にする『誘引気流』という独自機構に強みがある。

「吸い込んだ空気を約7倍にして出すことを追求したらボール形状になった」(同社広報)

000
パナソニック『Q』(想定価格4万円前後)

 噴出口のまわりにある6個の吸気口が、通常の吸気に合わせて空気を吸い込む仕組み。サーキュレーターとして角度に自由度をもたせやすい形を考えたところ、ボール状のデザインになったという話らしい。なんだかスタートアップみたいな発想だ。

 おかげで温度ムラの抑制に効果的。8畳間で実験したところ、3分以内に上下の温度差を1度以下におさえられたという。(8畳間で4万円のサーキュレーターだとちょっと高いけどね……)

 サイズは幅250×奥行き250×高さ277mm(スタンド含む)、コンパクトなのに大風量という話だ。重量は2.1kg。モーターはDCモーター、風力切り替えは5段階。カラーはクリスタルレッド、シャンパンゴールド、パールホワイトの3種類。

001
球体は必然だったらしい
001
「誘引気流」という独自構造が強み
001
後ろの吸気口から吸い込んだ空気を7倍に
001
誘引口から空気をひっぱりこんで実現する
001
ぶごおおおおお。波動砲かな?
001
8畳間なら3分で温度ムラがなくなるそう

 節電志向に合わせて人気が高まるサーキュレーターの世界で、夏場以外も使えて、今までにない機能・特徴・デザインを作りたい……という思いから開発されたという『Q』。首振りはしないものの、扇風機としても使えるそうだ。

 たしかに、DCモーター扇風機やサーキュレーターの売り場はどれも似たり寄ったり。面白いのはスタートアップのバルミューダか、欧州のデザイン家電くらいだと思っていたので、大手がこういうへんてこなモノを出してくれるのはとてもいい。

(ロボット掃除機のルンバだって最初は「絶対売れない」と言われてたそうだし)

 ちなみに月産台数は2000台と少なめ。「金型も独自なので……」と同社広報。そりゃそうだ。最近、日本の家電はアジア人気も高いから、うかうかしていると初期ロットはすぐに吹っ飛ぶ可能性もある。新しいもの好きな方は発売日をお忘れなく。

■関連サイト
パナソニック 創風機『Q』

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

41人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

12,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp