2015年04月08日09時30分

Apple Watchの見た目は素晴らしい――だがユーザーの多くはがっかりするだろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

悪くはないが必要な物ではない―多くの人はこれに見向きもしなくなるだろう(ReadWrite Japan提供記事)

MTI4NzM1OTg2MDc4MjM4NzMw_0

Apple watchは売上記録を叩き出すレベルの素晴らしい製品の様に思える。しかしそれがどれほど素晴らしかろうが、このデバイスはアップル製品の中でもかなり返品、転売され、いずれは忘れ去られる不人気商品になることを宿命ずけられている様にもみえる。

同社の他のデバイスと比較して、Apple Watchは大きなハードルを抱えている。(問題自体は)バッテリーの寿命や、複雑さ、そして人々にスマートウォッチが必要な物だと納得させられる理由があるのか、などスマートウォッチを製造するメーカーなら誰もが抱えている根本的なことだ。しかしこれがシンプルで誰でも使える事が身上のアップル製品となると、顧客が期待するレベルは跳ね上がる。

アップルはこれまでも顧客満足度の高さについて過剰なまでに誇張してきたが、それを維持し続けるのがほぼ無理な新カテゴリーに今や突入しようとしている。これはApple Watchの開発で長期の投資契約を結んだ開発者や、際限無く成功し続けることに慣れ切ってしまったこの企業にとっては不幸なニュースだ。

あまりにも「スマートウォッチ然」としすぎている

MTIxNDI3Mjk2NDcxOTA5OTAx

このスマートウォッチが発売されようとしている事に、他の企業はある程度動揺している。

技術に対するアーリーアダプターは年齢的に若い傾向があるが、16-34歳のうちの60%は時間を確認する第一の手段として腕時計ではなく携帯を使う。 2000年以降に生まれた世代はネットの無い生活など知らず、彼らの中には常に手に何かをつけていることに慣れない者もいるだろう。スイスや日本の伝統的な腕時計に慣れ親しんだ世代でも、スマートウォッチとなると話が別だということもあるかもしれない。

普通の腕時計の場合、ちらっと見るだけで時刻を確認できるが、Apple Watchのスクリーンは電力セーブのために多くの時間オフになっている。アップルの宣言とは裏腹に、やはりこのデバイスは時間確認のための物である以前に、「スマートウォッチ」であるということなのだ。利用するためにユーザーは腕を上げてボタンを押す必要がある。こう言った一連の流れは直感的に思えるかもしれないが、結局は煩わしく思うことになるだろう。

MTI4NzM2MTMyOTEyNDIwMTE0

公平を期すために言っておくと、Android Wearなどその他のデバイスも同じ問題を抱えている(Pebbleはこの問題について、いつでも表示されるeペーパーによって対処した)。しかし多くのユーザーにとってApple Watchは初めて身につけるスマートウォッチになるであろうし、他の物と比べてもその期待値はるかに高い以上、問題の大きさはずっと上だ。

他の問題もある。アップルによれば電池は18時間保つとのことだが、実際ベースでは14時間前後というところだろう。出たばかりのデバイスを周りに見せびらかしていたらなおさらだ。

これは普通の腕時計の電池が一年位保つのと比べ大きな違いであるということの見ならず、スマートウォッチをつまらないものにしてしまう要因にもなる。多くの場合、丸一日、一日半、ひょっとすると一週間は持って欲しいと思うものだろう。少なくともアップルが三日間は時間を刻み続けられるだけの電力を別にとっておけるような「パワーリザーブモード」の様なものを提供できれば、ユーザーは十分な時間Apple Watchを使えるのではないだろうか。

誰のために時を刻むのか

MTI4NjQ2NDA5NzAzNDQyNDQy

初期のカスタマーにとってApple Watchは複雑なものになるだろう。

iOSユーザーが慣れているアプリグリッドやフォルダーの代わりに、操作をミスりそうになる様な細かいドットをタップすることになる。ユーザーはデジタルクラウン(要はスクロールホイールだ)をつかって拡大表示できるが、それができるということはパッと見では分かりづらく、直感的でも便利でもない。また通知や時間の確認操作、アプリや感圧タップ、デジタルクラウンとサイドボタンを同時に使うなどの新しい入力や操作に慣れる必要もある。

ある程度のユーザーなら習得に問題はないだろうが、アップル製品特有のシンプルさに慣れ切ったユーザーにとってはApple Watchは複雑すぎるものだろう。

フィットネストラッキングはApple Watchのセールスポイントの一つだが、これもユーザーがこの製品を使わなくなる要因になるかもしれない。恐らくはより正確な測定のために、サファイヤに覆われたセンサーがApple Watchに取り付けられているが、だからと言って次のことは変わらない。フィットネスは必ずしも全員にアピールするものではないと言うことだ。

一旦気を引きつけたとしても、問題はそれで終わりではない。Endeavor Partnersの調査によれば、フィットネストラッカーを買ったユーザーの1/3は頭の6ヶ月で興味を失い、半分以上のユーザーはもうそれを使ってないという。

MTI4NzM2MDg0MDU3MTY4MzUw

スマートウォッチにおける通知もソリューションと言うよりは問題のタネになりえる。

私はほとんどの時間、携帯の着信が鳴らない様に設定している。しょっちゅう通知を受けてイライラする代わりに、列に並んでる時や仕事の合間など都合のいい時に携帯をチェックするのだ。こうする事で困ったことはない。

これは精神衛生状態を保つための措置だと考えれば良い。私たちは既にコンスタントに干渉が入ることの生産性への悪影響や、明るすぎるディスプレーが睡眠に与える影響について良く知っている。以上のことから、通知については受ける頻度を増やす人より減らす人の方が多くなるだろうと予想する。

パーソナルなものだが必要なものではない

MTI4NzM2MTc2NjY3NDIyNjkw

Apple WatchはCEO ティム・クックが言う様に、アップルにとって最もパーソナルなデバイスとなるだろう。しかし必需品と言うわけではない。販売価格が350ドル以上のこの高価なアイテムを本当に必要としている人はいないが、この製品のメンテには時間も労力もかかる。

スマートフォンやラップトップと言った必需品と異なり、Apple Watchは目新しい贅沢品としての需要はあるだろう。そう言う意味では批判的な人たちから無駄なものだと言われたiPadに近いとも言える。しかしiPadにはApple Watchに無い利点がある。いつでもパッと出して使える点だ。

iPadを長時間継続的に使う人も何人か知っているが、そんな彼らも家で何かの拍子に使ったり、移動中に映画を観るなどの用途で使っている。新モデルへの買い替えを必ずしも意味するわけでは無いが、ユーザーがこのデバイスをなかなか手放さない理由と言える。(そして彼ら多くのこういった行動の結果がiPadの売り上げ減少に繋がっている)。

Apple Watchの場合、状況は更に悪いかもしれない。スマートウォッチをiPadの様な感覚で使う方法など無い。毎日ずっと、日中着けてた後、夜には充電器に繋ぐというパターンしかない。

ひょっとするといつかはタンスの肥やしになるかもしれないし、Apple Storeでひっそり在庫になってるかもしれなければ、eBayで転売されてるかもしれない。

MTI4NzM2MjE2OTMyNzMwODkw

アップルが素晴らしいスマートウォッチをデザインしてないと言う意味では無い。むしろ今ある選択肢の中では最高のものかもしれない。造りの質だけで言えば好評価を叩き出している。材質はアルミ、ステンレスから金まで選べるが、ほとんどの人は最初の二者のいずれかを選ぶだろう。価格は350ドルから600ドルだ。

しかし一番安いモデルですら、競合する他社のスマートウォッチ以上の値段がする。もしApple Watchが使い続けられることにならなければ、つぎ込まれた投資の割に合わないと判断され、アップグレードが滞るかもしれない。

多くの人々同様、私もApple Watchを予約しようと考えているが、どれほど長く使い続けるかはまだ定かでは無い。

画像(写真と製品)提供:Apple

Christian Cantrell
[原文]


 

ReadWrite Japan
ReadWrite Japan
ReadWrite Japan(リードライト ジャパン)は2013年9月にスタートした、Webプロダクトとトレンドを分析し辛口なオピニオンと共に提供する世界でも有数のITメディア、ReadWrite.comの公式日本語版です。ReadWriteの刺激的な記事のなかから、日本の読者が興味を持ちそうなものを厳選してお届けします。

※本記事はReadWrite Japanからの転載です。
Apple Watchの見た目は素晴らしい―だがユーザーの多くはがっかりするだろう

■関連サイト
ReadWrite Japan

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!